コンテントヘッダー

スタンレー・プラニン氏死去

 合気道を学び、合気道の研究のために来日して『合気ニュース』を刊行されていたスタンレー・プラニン氏が、2017年3月10日に胃癌でラスベガスの自宅で亡くなられたそうです。

 私はクエストさんで聞いて、どう出版のサイトで確認したんですが、まだ71歳だったそうで残念なことだと思います。

 合気道の専門誌として地道に続けてこられて、大東流や甲野善紀氏のブレイクのきっかけを作ったのも、『合気ニュース』だったと私見します。

 私が砂泊先生や親英体道のビデオを見たのも合気ニュースから出ていた作品が最初でした。

 ロシアの合気道というキャッチフレーズでシステマを紹介したのも、確か合気ニュースが最初だったのではなかったでしょうか?

 私は二、三回、直にお会いしたことはありましたが、親しくなることもなく終わりましたけれども、スタンレー氏が合気道界に果たした功績は、非常に大きなものだったと思いますし、合気道を中心とした武術の研究に関して敬意を覚えます。

 時に、経歴詐称の団体を厳しく批判する記事を書かれていた熱血な点も、個人的に好きでしたね。武道武術をやる人間は本質的に熱血漢であって欲しいんですよ。

 合気ニュースも、今は、どう出版と名前が変わり、宇城氏の著作専門の出版社みたいになってしまっているので、往時のスタンレー氏の真摯な合気道探求のテーマ性は失われてしまいましたから、ずっと買っていません。

 スタンレー氏としては残念だったのではなかろうか?と思いますが、その後もアメリカに戻ってライフワークとして合気道に関わっておられたのは、実に立派な人生だったのだろうと思います。

 私も二十代後半から三十代にかけて、『合気ニュース』に大いに刺激を受けて武術研究家としての自分のポジションを確立してきました。

 そして、結果的に日本武術の到達した極意が合気道の中に有る!とまで認じるに至りました。

 游心流の中から分派して游心流合気道を立ち上げたのも、合気道の魅力を教えてくれた『合気ニュース』のお陰だったかもしれません。

 スタンレー・プラニンさん! 

 有り難うございました!


追伸;黒澤浩樹先生も急逝されたと聞き、大変、驚きました。竹山晴友先生との対談の予定などもあったそうでしたが、本当に一時代を築いた格闘技界のヒーローが亡くなられたのは残念至極です。何と、私と同学年だったそうで、まだまだ、これからの人生だったのに・・・と思うと、きっと、お弟子さん達も途方に暮れるお気持ちだと思います。けれども、どうか、黒澤先生の分も頑張って戴きたいと思います。一代の空手家、黒澤浩樹先生の御冥福を祈ります。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索