コンテントヘッダー

秋本先生初著書『どんなに体が硬くてもペターッと前屈できる本』

秋本先生初著書『どんなに体が硬くてもペターッと前屈できる本
20170418_001.jpg 20170418_002.jpg
 健康雑誌で有名なマキノ出版から謹呈本が贈られてきたので、「あれっ? 俺はマキノ出版さんとは関係ないけどな~?」と思いつつ、開封しました。

 すると!

 何と!

 秋本つばさ先生の著書ではないですかぁっ?

 少し前に著書を書いたと聞いていたんですが、私は秋本先生が関係しているベースボールマガジンから出るものとばかり思っていたんですね~。

 でも、恐らくマキノ出版から出た方が広がりがあるんじゃないかな~?という気がしますね?

 スポーツ関係よりも健康関係の方が需要がありますから。

 確か、以前に「秋本先生も本出すといいですよ」とアドバイスした記憶があったんですが、いろんな資格を持っている秋本先生ならではのシンプルで解りやすい構成で感心しましたね~。

 しかも、体質別に分けてストレッチ・メニューを解説しているところが、そんじょそこらの本とは根本から違いますね~。

 モデルも秋本先生自身がすべて演じていて、衣装も変えたり、実にきめ細かく実用解説書として工夫してあります。

 昨年、つばさ基地のアクションパーティナイトにお誘いして紹介した『デボラがライバル』『プラトニックセックス』『ダンボールハウスガール』などの映画の松浦雅子監督は、秋本先生を一目見て、「う~ん、できる・・・」と、剣豪みたいなこと言っていましたが、この本を見せたら何と言われるかな~?と思いましたね。

 素晴らしいっ!


 それと、話は変わりますが、東映チャンネルで『ハイキックエンジェルズ』を見ましたよっ!

『仮面ライダー・アマゾンズ』にも出演し、過日のアクションアワード2017にも出ておられた宮原華音さんのデビュー作で、子安慎悟先生が出演しているということで、ドキドキして見ました。

 冒頭、何となく、懐かしいような気がしたんですが、何か『セーラー服忍者』と作風が似ている?と思いましたよ。

 ただ、ガールズアクションとしては完敗だ・・・と思ってしまいました。グッスン。とても、ここまではできませんよ・・・。

 やっぱ、西監督のアクションへの拘りには、ながせき監督では太刀打ちできないかな~?と、そんなことも考えてしまいましたけどね。

 で、宮原さんのライバル的仲間で出演している青野楓さんの長~い脚でのキックも良かったんですけど、何か痣だらけになっているのは、マジで打ち合ったせいなのではなかろうか?と思うと、西監督、相変わらず鬼ですな~?と思いました。

 私的には、高田馬場の書店で話しかけられた経験がある子安先生の演技にドキドキしながら見たんですけど、ずっと無言で一言もセリフがありません?

 やっぱ、芝居経験が無いとそうならざるを得ないよな~?と、『セーラー服忍者』で同じようなポジションを演じた私は、一人、納得したのでした・・・。

 でも、ベニー・ユキーデとジャッキーとの対決を思わせる青野さんとの対決シーンでは子安キックも見せてくれて、やはり存在感はピカイチでしたね!

 しかし、痛そうだな~?

 何か、主題歌がどっかで聞いたことがあると思っていたら、『北斗の拳2』だったかの主題歌なんですね~?

 自主映画っぽい雰囲気が逆に可愛らしい作品ですね?

 えっと、それと、5月21日だったか? 岩槻映画祭で『セーラー服忍者』が再上映されるそうです! うちの会の千葉さんも初監督に挑戦した『面影』という短編作品を出してますので、宜しかったら是非!

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索