コンテントヘッダー

テレビ時代劇の父、死す・・・

『鬼平犯科帳』『八丁堀捕り物ばなし』『仕掛け人・藤枝梅安』『剣客商売』『御家人斬九郎』『夜桜お染め』・・・等々、数多くのテレビ時代劇の名作シリーズを送り出したフジテレビ・プロデューサーの能村庸一さんが逝去されました。

 テレビ時代劇ドラマが絶滅に近い状態の今、時代劇専門チャンネルで活躍されておられた能村さんが、随分、痩せておられて健康状態が悪いのでは?と思っていましたが、悪い予感が当たってしまいました。

 何よりも、時代劇を愛して文化の伝統を絶やすことなく繋げていきたいという思いで仕事に打ち込んでこられているのが、ファンとしても解るプロデューサーでした。

 時代劇復活には能村さんのようなプロデューサーが出てこなければならない。そのためには後進の育成のためにまだまだお元気でいて欲しかった・・・。

 本当に残念です。

 合掌・・・。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索