コンテントヘッダー

六月セミナー「交叉法」感想

 今回は、交叉法なんで参加者が多いと思っていたんですが、なぜか常連会員も何人も来なくて、総勢十人という少なさでした。

 いや、本当に、ここのところ、セミナー参加者が少ないです。

 最近、新刊を出していないのも関係あるのかもしれませんが、スマホでググれるようになって、ちょくちょくググッていたら、ついうっかり、「インチキ武術家を教えてください」みたいな掲示板を見てしまって、そこに、「インチキと言えば、なんといっても長野だな!」みたいなのが載ってて、「うげげっ? これは精神衛生的に悪いぞ」と思って、すぐやめたんですけど、こういう意見がネットに出回っているから、誤解されるんだよな~?と、ちょっと考え込んじゃいましたね~。

 それと、私に習ってること、うちの会員さん達は隠したがる人が多くて、その理由が、「いくつもの団体を掛け持ちしているから」という人と、「游心流がメジャーになると簡単に誰でも上達してしまうのでマイナーなままでいて欲しい」という人がいる訳ですよ。

 おいおい、もう少し、私の生活の心配してくれよ~?って言いたくなりますけどね。

 やっぱり、今でも「長野さんって本当にできるの? そんなに簡単に合気や発勁ができるように教えられるの?」って思ってる人が少なくないようですし、私が教えてできるようになった人達も、「游心流で習ってできるようになった」とは広言してくれないんですよね~?

 バンバン言ってもらったほうがいいんだけどな~? 何で隠すかな~?

 まあね~。どこかの団体に所属している人だと言いづらいのは解るから、私も「ひけらかしてはダメだ」とアドバイスしたりするんですけど、ネットで師匠をインチキ扱いする人間を放置しっぱなしでいられる感性も情けない気がします。

 もちろん、掲示板に書き込んで擁護しても炎上するだけなのは解るんですけど、自分のブログやツイッターやフェイスブックで書いてくれればいいのにな~?と、本当に思いますね。

 仁平師範は、「長野先生の名誉を僕が挽回します!」と言ってくれていますし、確かに彼の活躍のお陰で武道界での誤解と偏見もかなり解けてきつつあります。

 他の会員は、多分、私が口が達者過ぎるので自分の出る幕はないと黙ってるのかもしれませんし、擁護して書いたら信者扱いされるのが嫌だと思ってるんでしょうね?

 以前、青木宏之先生が、「自分の弟子は全然、批判意見に反論してくれなくて、反論擁護してくれたのが長野さんだけだった」って嘆いてらしたんですけど、確かに、直接、掲示板の心ない書き込みを読むと、私もそんな気分になりますね~?

 だって、私だったら自分の習ってる先生の悪口言われたら殴り込みますから!(というか、何回かやったことありますよ)

 自分がそうなので、道場破りに来る人や反論してくる人にはシンパシー感じて仲良くなることが多いですね。嫌がらせしかできない人間は軽蔑するだけですが。

 だから、今回のセミナーに初参加してくださった武術経験の豊富な方の感想文を載せさせてもらいました。お願いしたら快く許諾をしてくださいました。本当に有り難いです!

 いや、もちろん、「インチキだ」って感じるのは、その人の自由ですから、勝手になさって構わないと思います。

 私自身、自分のやっていることが正統だと思ったことは一度もありません。あくまでも私個人の体験によって得られた見解ですから、それが正しいのかどうかは実技として通用するかどうか?で確認するしかないでしょう?

 通じなければ、「間違ってました」と訂正しますよ。そりゃあ!

 でもね~。一般的価格の数倍の値段でDVD売ったりしている以上、「確実に体得できますよ」と保証することも料金に「込み」なんですよ。だから、「体得できなかった。インチキだ」と言う方には、責任もって体得できるように無料で指導しますよ!

 遠慮しなくていいです! 「DVD買って見たけど体得できなかった」と言われる方は、どうぞ、おいでください。納得いくまでタダでお教えしますよ!

 あるいは、「長野自身、インチキじゃねえか?」と疑ってるのでしたら、習いに来たフリしてガチで私をぶっ倒せばいいじゃないですか?

 私はそれを卑怯だなんて思わないし、自分が体張って武術研究している以上、いつでもそういう状況はあると備えてますよ。だから、インチキかどうか、どうしても確かめたい人はやればいいですよ。

 私がインチキでヘッポコだと思ってるなら、平気でできるでしょ?

 そのくらいの根性ある人間は嫌いじゃないです。過去に何人もいたし。

 そういうのも小説のネタにもなるし、貴重なデータが取れるでしょ?

 ここ十年くらい、そういう経験が皆無なので、54歳でどれだけできるか?という興味もあります。会員に本気でやる訳にいかないので・・・(ヤる気か?)。

 まあ、匿名で掲示板に誹謗中傷の書き込みするような恥ずかしい人間がそこまでやれるとは思っていませんけどね?

 匿名で姿隠して無責任に人の悪口言いっ放しの素人武術マニアと、名前を出して体張って批判しているプロを同列で考えるのが、そもそも間違っていますよ。


 さて、前置きが毎度長くなりますが、今回の交叉法は、例年と同じではなく、形意拳の三体式や、八卦掌、通背拳、詠春拳、意拳などのやり方に応用してやってみました。

 時間内でなるべく沢山教えようとハイスピードで指導したので、後半、結構、時間が余ってしまったので質問タイムを多くしました。

 それで、合気揚げについて質問されたので、游心流合気道部長の小塚師範にやってもらいました。

 その結果が、感想文です。

 どうでしょうか? これでもまだインチキだと言うのなら、私をぶっ倒してから言ってくださいね~? 調べもしないで人をインチキ呼ばわりするような恥ずかしい人間になりたくないなら、やってみてね。できないのなら、「長野先生、済みませんでした」って書き込みするのが男の筋の通し方ですよ!

 インターネットのよろしくない点は、匿名で何でも書けて責任取らなくて済むから、どんどん誇大妄想的に自我が肥大しがちだという点だと思います。

 歯止めをかけるのは自分の理性だけでしょう?

 私がいろんな武術家を糞味噌に批判するから、その人物に心酔している人は反感を感じるんでしょうが、立場が違うんですよ。

 私はジャーナリズムが皆無の武道武術の世界ではいかんと思ってるから、憎まれ役引き受けて問題点があれば採り上げて批判するようにしているだけの話です。人間を責めてるんじゃなくて、罪を責めてるんですよ!

 礼儀がどうこうなんて陳腐な考えでは世間的評価は確立できません。ダメなものはダメとはっきり指摘して改善していかない限り、武術業界は発展していかないんですよ。

 セクハラ、パワハラ当たり前の業界では、いずれ消滅してしまいますよ。

 20年以上前に専門雑誌で仕事貰ってた時から、「今のままでは武術業界はダメになる。それを防ぐには専門雑誌が本当の事実を書いて、音頭とって改善していくようにしなきゃ~ダメだよ」と編集部内部で言っていたんですが、「長野さんの言ってることが正しいとは思うけど、それをやれば雑誌が売れなくなって潰れてしまいますよ」と言われました。

 私は、見切りつけてやめましたけどね。要は、読者を騙しても構わないって考えてる訳でしょう? 読者にまっとうな情報を提供して業界を健全にしていこうという意志が無いんですよ。

 案の定、無難な記事しか載らない雑誌はジリ貧になって結局、休刊してしまいました。

 製作者が自己満足でやっている雑誌を誰が読むのか? 勘違いしてますよ!

 売れてる作家は危機感持って頑張ってます。常に向上していかないと読者は離れてしまうと解っているからです。

 私も、当然、毎度毎度変わり映えのしない内容のセミナーやっていたら、誰も来なくなってしまうと思っていますから、日々、新しいネタ?を提供するために研究しているんですよ。

 零勁斬りもできた時は、「やったぁっ! できたっ!」と充実感があったんですが、何か、もう普通にできるようになってしまって、会員も数人ができてしまったんで、もっともっと物凄~い秘技を体得すべく研究していますよ!

 来月の目付け(読み)も、最近、発見したネタ?がありますので、ちょっと凄いことになりそうですよ?

 最新作『GW特別講習会』DVDも、結構、評判いいです。蛟龍歩の使い方と練習法を細かく解説したのは初めてだし、これと鞭手連環打法をくっつけたのも初出しですからね。
“先の先”で自分から攻める技は、ほとんど公開していなかったので、驚かれたみたいです。「游心流は後の先しかない」と思い込んでいる人が会員にも多かったし・・・。

 今月中まで割引しますんで、宜しくどうぞ!

PS;先述したように、DVDを買って御不満がある方には無料で個人指導やりますから、遠慮なくお申し込みください。私は、ちゃんとできる人間をたくさん育てたいんです!

PS2;26日(月)の夜8時半から9時半に、また阿佐ケ谷のオルタナスタジオで游心流合気道の定期稽古会をやります。興味のある方はどうぞ!

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索