コンテントヘッダー

7月は「読み」

 7月の月例セミナーのテーマは「読み」です。

 具体的には「目付け」のやり方なんですが、これは「一眼二足三胆四力」という稽古の眼目の第一番目にきます。

 これも派閥によって様々なやり方があり、「これだけをやれば良い」というものはありません!

 中には、「(敢えて)見ない」という目付けだってあるのです!

 よく質問されるのが、「どれが正しいんですか?」というものですが、これはケース・バイ・ケースですね。

 集中すれば良いと思っている人も多いですが、集中し過ぎると視野狭窄になって逆に見えるべきものが見えなくなってしまいます。

 いわゆる秀才型の人はこのタイプが多いです。集中力があるから勉強や作業は並外れた成果を出せますが、視野が狭くて融通が利かず、頑迷です。武道の世界でも指導者になる人の多くがこのタイプです。

 かと言って、ポケーッとしていたら見えていても脳が認識しない場合もあります。

 実は、これが一番多い!

 武術の訓練というのは、あらゆる動作に気持ちを入れて動くことが基本です。

 いや、場合によっては実際に動かなくとも気持ちを入れて集中して観察するだけで技を会得することもできます! これが「見取り稽古」です。

 今回は、これもお教えします。最初は難しいと思いますが、慣れると驚くべき効果を発揮します。

 つまり、習ったことのない流派の技を見てもトレースできたり、型を見ただけで具体的な技の用法が頭に浮かんでくるようになるのです。

 言ってしまえば、脳トレ! 秘伝中の秘伝ですよ!

「そんなことができるものか!?」と文句を言いたくなる人が多いと思いますが、私が体得したほとんどの技は具体的に手取り足取りして教わったものではなく、「見取り稽古で技を盗んだ」のですね。

 サーチ・アンド・アナライズですよ!

 これができるのは、膨大に知識があるからでもありますが、無論、一朝一夕に培ったものじゃありませんから、誤解ありませんように。

 情報は多ければ多いほど良い?

 いいえ、整理編集できないほど多量の情報は混乱しか生みません。

 私はそれがわかってるから、自分の知ってることを弟子にそのまま伝えたりはしないのです。

 知ってることを全部やらせたら、時間が足りないどころの話ではなくなるからです。

 私自身は、一通り、習ったことは練習しています。型も昔は、八極架、大八極、八母掌、孫擯拳、陳ハン嶺99式太極拳、小虎燕、小念頭くらいは覚えて練習したんですが、決まりきった動作を繰り返しやるのは好きじゃないので、ほとんど忘れてしまいました。

 今は24式太極拳と形意五行拳と単換掌をやるくらいですよ。

 膨大に習ったことを全部はとてもできませんから、必要最低限のエッセンスとして抽出しようと考えて出来たのが游心流なんですね。

 それですら、今では自分ではほとんど練習していません。

 身体を動かさなくとも脳を使ってイメージ・トレーニングをするのが常態化してしまっているので、必要がないのです。

 例えば、蛟龍歩を使った歩法なんて何年ぶりかですよ。ここ最近、やっていなかったですからね。

 普通、やらないと筋肉が衰えてできなくなります。筋肉でこなす種類の技は私もできなくなっています。

 ですが、筋肉に頼らない身体内部の重心移動で動く技は何年も練習していなくともできるし、もしかして以前より上達しているのかもしれません?

 もちろん、普通はあり得ませんよ?

 私の技を筋力でやろうとしたら、若くて体力のある人が頑張って、ようやくできるかな?くらいでしょう。

 私と同世代の人が筋力でやろうとしたら、たちまち息があがり、身体を壊してしまうでしょう。

 重心移動を操作するから簡単にできるのです。

 また、重心移動の操作は外見にはほとんど現れませんから、「目付け」を狂わせることもできます。

 一石二鳥どころか三鳥も四鳥もあります!

 無論、それでも見破る目付けのやり方はありますが、これは参加した人だけにお教えします。

「読み」の技術は、身法よりは心法に直結していきます。

 心(意識)を読む訳です。

 だから、「相手の目を見ろ」というのは、相手の意識の動きが目の動きに一番出やすいからなんですね。

「顔色をうかがう」という言葉があるでしょう? 人間の感情は表情に出やすいんです。

 今回の内容は、武術だけでなく日常生活にも多いに役立つと思いますよ!


PS;『セーラー服忍者』DVD、発売は秋なんですが、セミナーや講座での先行販売は可能なので、当日、欲しい方は是非どうぞ! 超豪華特典映像(私の武術講座・青木先生の剣舞・下田愛璃さんの中国兵器術の表演)がお薦めですよっ!
20170704_001.jpg 20170704_002.jpg


PS2;早いですが、来年の月例セミナー割引予約も始めます。いつも12月末までの申し込みを有効にしていましたが、来年分は本年の11月末日までとします。
 毎月のテーマは
1月「脱力体」
2月「軸」
3月「下丹田」
4月「中丹田」
5月「上丹田」
6月「交叉法」
7月「読み」
8月「推手」
9月「型の分解」
10月「武器術」
11月「整体活法」
12月「総まとめ」
 基本的に今年と同じですが、内容はバージョンアップしていきます!
 その他の概要は今年と同じで変更はありません。(本年の秋から冬にかけて私の知名度が上がる可能性があり、申し込みが増えるか?と思われますので、割引予約申し込みを早くした次第です・・・)


関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索