コンテントヘッダー

本と映画の感想

『つよい!THE24式太極拳「四正四隅」の秘密』池田秀幸著 東邦出版

 簡化24式太極拳は保健養生体操として全国に広まっていますが、本来の太極拳は非常に優秀な武術であり、その理合を知ることで武術としての真価を発揮できる!ということについて極めて明確に解説されたのが、この本です。

 著者の池田秀幸先生は実力の高さが斯界で噂され、人柄も良い方であるとクエストさんでも聞いていました。

 うちの大阪支部長が実際に学び、池田先生の凄さを熱烈に語っていましたので、やはり噂通りの方なのだろうな~?と思った次第。

 本の内容もこれまで以上に私的に共感を覚えました。非常に謙虚な物言いで人柄の良さが滲み出ています。

 だけど、何かタイトルのイメージとえらい違うな~?と・・・。

 多分、山田編集長の趣味なんでしょうね?

 ちなみに9月に、この本の内容に準じた新DVDがクエストさんから発売されますので、併せてご覧になられることをお薦めします!


『オニヒメ2』上山道郎著 少年画報社

 出ましたっ! 2巻です! 最近、異様に忙しくって、大阪支部長がプレゼントしてくれたので、出ているのも知りませんでしたよ。

 もうね~。キャッホーッ!って感じなのが、私が敬愛するタイ捨流開祖、丸目蔵人佐が出てくるんですが、何と、上山先生は地元の人吉まで取材に行かれたそうなんですね~。

 私も知らない新情報が披露されていて、本当に研究家として頭が下がりますよ!

 次巻が楽しみです!


『ゴジラの中は ある怪獣バカの足型』破李拳竜著 オルタナパブリッシング

 特撮マニアの間では、破李拳竜氏の名前は平成ゴジラ・シリーズのスーツアクターとしても有名な漫画家の人・・・というイメージでしたが、まさか、ここまで凄い人だとは知りませんでしたよ~!

 400ページくらいもある分厚い本なのに、読み出したら面白過ぎて止まらなくなり、あっという間に読み終えてしまいました!

 ノンフィクション本で、こんな経験は初めてですよっ!

 何故か?

 映画のこと。武道・格闘技・武術のこと。怪獣のこと。漫画のこと・・・全部、私の好物ばかりだったからです!

 竜氏の代表作『撃殺!宇宙拳』は失礼ながら読んでいなかったんですが、美少女中国拳法物ということだけは知っていました。

 本当は実写映像化したかった・・・ということでしたが、主人公を演じられる子役がいなかったので断念されたとのこと・・・。

 いる! 演じられるティーンの女優がいますよ!

・・・と、私は読んでいて叫んでしまいました。

 誰かって?

 それは秘密です・・・。


『エージェント・マロリー』

 TV東京のお昼の映画で見たんですが、主人公を演じているジーナ・カラーノは総合格闘技の美人格闘家から女優になった人だとか?

 その格闘スキルを存分に活かしていて、何か凄いマーシャルアーツ・ムービーを見たという気分になりました。

 ボーン・シリーズ辺りからアクションの見せ方が泥臭くなったと申しますか、華麗なアクションの優美さより、エグいリアリティーを見せる作品が増えたように思いますね。

 インドネシア武術シラットをフィーチャーした『ザ・レイド』からその傾向が強くなりましたが、サム・ペキンパーやルチオ・フルチの残酷描写が流行った70年代から80年代に戻ったのか?という気もします。

 多分、CGが発達して生身の肉体アクションが廃れたことに対するアンチテーゼとして、敢えて生身のリアルなアクションに拘る作家とファンが増えてきたということなのではなかろうか?と思いますね。

 ガチンコでガンガン戦うという行為は人間の本能的欲求としての闘争本能を満足させてくれますからね?

 理屈ばっかりのお茶の間ミステリーに飽きがきた人も多いのかもしれませんね?

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索