コンテントヘッダー

九月セミナー“型の分解”

 九月の月例セミナーは、「型の分解」です。

 ここ最近、いろんな流派のDVDやユーチューブの動画も見たりしているんですが、武術の型の分解応用組手に関しては、どうも定型的な解釈が多いような気がします。

 つまり、基本型は基本的な使い方をするもので応用型が大切だ?みたいな解釈をどうもされているみたいに思えます。

 でも、恐らく、そうではないと思います。

 型の分解応用というのは、基本型こそ応用自在な筈で、応用型と言われる型は使い方が限定的になる筈なんですよ。

 何故なら、突発的に起こる攻撃に対しては、瞬間的な対応しかできないので、複雑な動作をやる余裕はない筈なのです。

 コンビネーションで不意打ちする人間はいないでしょう? 不意打ちは、単純な突きや蹴りを相手が臨戦態勢になる以前に食らわすもので、とにかく初撃のスピードが命。余計なことはしない筈です。

 この点、やはり空手家は速いっ!

 伝統空手の選手なんか速いですし、動画で川保天骨さんが体験レポートされていた無門會の富樫先生の突きなんかメチャ速いですね~。予備動作がなくて、ビシュッて出るから、あれは受けるのは至難でしょうね~。ブラックマンバみたいですよ・・・。

 中国武術も通背拳や翻子拳や詠春拳なんかは速いんですが、連打の回転の速さが特徴で、一発の速さでは伝統空手の突きのスピードは最速かもしれません。

 スナイパーライフルみたいな感じですかね?

 しかし、剣道の試合なんか見てると、素人にはどっちが勝ったのか判らないくらい神のごとき速度で打ち合ってますよ。

 余談ですが、水曜の東京支部の稽古に入会希望の人が来るので私も行ったんですが、この人は私と同じ熊本の人で剣道をやっているそうでした。

 剣道家だからか、対錬の時の突きのスピードが異様に速くて、小塚師範もヒヤッとした顔をしていました。気を入れていないと食らってしまいそうでしたね・・・。

 熊本は武道が盛んで、剣道・柔道・空手道・合気道と、いずれも日本トップクラスの県ですし、宮本武蔵(二天一流)・丸目蔵人佐(タイ捨流)・松山主水(二階堂流平法)・井鳥景雲(雲弘流)といった有名剣客が知られています。

 親の土地を相続しているので、将来、ここにも道場建てて熊本県にも游心流を定着させたいな~?と思ってます。


 え~、型の話に戻しますと、空手(那覇手、首里手)、合気道、柔道、中国武術、剣道、居合道・・・等の型や構えの所作には想像もつかない秘訣が隠されていたりするのです。

 ほんのちょっとした手の形や足の踏み方に凄い秘訣が隠れていたりするんです! こういうのは教えを受けない限り、自分で気づくのは相当に難しいと思いますね。

 今回はそういう秘訣について解説していこうと思います。

 予定内容は、空手はサンチンとナイファンチ、合気道と無刀取り、柔道の隠し技、中国武術の応用技、剣道の封じ技、居合道の変化技・・・等々。


 それと、その次の週(18日・祝日)には大阪セミナーを行います。

 こちらは10年ぶりくらいですかね~? 前の大阪支部を解散してからやっていませんでしたが、今年は新体制で支部が復活したので、要望も以前からちょこちょことあったので、久しぶりにやってみます。

 ただし、10年前と同じだと思ってもらっては困ります。

 同じだったら進歩がないってことでしょう? 私はそういうのが一番、嫌いなんです。

「な~んだ。昔と変わってないじゃん?」と思われたくありませんからね。

 より一層、効率よく強力で迅い技をお見せしたいと思っています。

 内容は、基礎錬体(とその応用)・歩法・各種発勁打法(拳・掌・前腕・肘・肩)・蹴り技(蹴りの発勁・暗腿)・合気揚げ(大東流式・脱力・指・多人数捕り)・交叉法対錬(読み・差し手)等です。

 何か、会場の関係で人数を先に申告しないといけないそうなので、申し訳ありませんが、限定20名としたいと思います。

 予約はお早めにお願い致します。

 
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索