コンテントヘッダー

見取り稽古やりました

 スマホでググッてるといろいろユーチューブの動画を見れるので、面白そうだな~と思うのを、ちょこちょこ見るんですが、「空手をバカにする合気道家?に思いっきり蹴り入れてやった」というテンマツを書いた動画を見ました。

「これって甲野さんなんじゃないかな~?」と個人的に思ったんですが(このようなことを数限りなくやっている人だから・・・)、誰とは書かれていません。

 まあ、こういう合気道家や大東流合気武術家は結構いるのですが、私が心当たりがあるのは甲野さんが一番、可能性高そうですけどね。

 それはまあ、いいんですけど・・・私が嫌だな~と思ったのは、コメントしている人達が、この人に対して否定的なことばっかり書いていることですよ。

 何、スカしてるんでしょう? 上から目線で・・・。

 卑怯だって言うのなら、人前でデモンストレーションするのに他流の人を利用して一方的に技をかけて見せて自流を誇るような真似をする人間の品性は愚劣じゃないですか?

 そして、「空手をナメるんじゃねえっ!」と、少なくない人が見ている前で意地を示してみせたこの人の気骨を称賛するのが当たり前ですよ。

 他流をダシにしようとした揚げ句に蹴り倒されて醜態さらすのは、「士道不覚悟」の極みです!

 全面的に、この人物がクソですよ!

 そのクソ人間をスカした顔で上から目線で傍観している連中に武術の武の字も語る資格無し!

 私も昔、自惚れる度にガツーンと鼻っ柱を叩き折られて、ハッと現実を知る・・・という機会が何回もありましたけど、だからこそ、成長することができるんだと思います。

 武道や格闘技の良さって、現実に手合わせすれば嘘がつけないところにある。

 型稽古だけしかしない武術では嘘やごまかしがいくらでもできる。

 現実に試し合うことを「レベルが低い」と見下す人が伝統武術家には多いんですが、そういう低いレベルのことを経験しないままスカした優越意識に捕らわれてしまうと、この合気道家?みたいな悲しくも滑稽な姿をいずれさらすことになるんですよ。

 で、自分の現実の姿を隠して虚栄心で理論武装するように虚飾に塗れて屁理屈ばっかりしゃべくるような気持ちの悪~い人間になるんですよ・・・。

 武術や武道に憧れる人間は基本的に劣等感が強い! だから、逆転した優越感に浸りたがるので、御大層な美辞麗句で飾り立てるんですよね~。

 名のある人でもそうだったりするんですよ。

 そういう斯界の体質を熟知している者から言わせてもらえば、この人は非常に立派だし、勘違いした自惚れ武道家に真実を教えてあげたんだから、素晴らしく優しい人だと私は思いますよ。

 だって、相手の名前を明かしていないじゃないですか?

 最後のメンツだけは保ってあげようという武士の情けを弁えているんですからね?

 私だったらキッツイお灸を据えてあげようと相手の名前、書いちゃいますけどね?

 いやはや、それにしても、このコメント書いてる人達の存在からは、日本がインチキ詐欺師にかくも寛容な理由が納得できる気がしましたね?

 私は、こんな“スカした連中”には武術教えたりしたくないです。

「本当に強くなりたい!」

「今の自分から脱却したい!」

「もうイジメられるのはたくさんだっ!」

「年とっても衰えないで成長したい!」

「自分が知らない武術をたくさん知りたい!」

・・・といった向上心を持った人でないと教えたくありませんよ。

 ヒマ潰ししたいなら武術なんかより楽しいこといくらでもあるでしょうし、ちょっと他人と違った高尚な趣味をひけらかしたいみたいな人は他所に行ってもらいたいです。

 嘘つきや自惚れ屋は大っ嫌い!

 ブランド信仰の人も嫌ですね~。

 ちょっとメディアに採り上げられると殺到する連中なんて、ファッション感覚でしょう? 価値も解らず名前だけ欲しがるような連中には教えたくありませんよ。無駄だし。

 武術は単なるスポーツではないですよ。生きるか死ぬかの戦闘をくぐり抜けるサバイバルの知恵と技術です。

 だから、“生きる”ということへの執着心が無いとダメだし、対象的に生きることを捨てて無心になることを追究するのが極意という生き方の逆説的哲学なんですよね。

 当然、学ぶ内容は“ありとあらゆる人の殺し方”なんですよ。綺麗事並べたがる人間には縁のないものです。

 非日常、ファンタジーですよ。やってることは・・・。

 でも、日常に隠された非日常というものが在る!ということを知るのが真のリアルなんですよ。

 今、現時点の日本ではリアルに感じられないでしょうが、戦争を体験していた世代だったら戦闘のなんたるかは理解していたでしょう。

 なんだかんだと言ったところで、人間も極限まで追い詰められれば動物としての本性が出ますよ。

 理性的な人間ばかりと思うのは甘いか鈍感かのどっちかでしょう。

 私は、小学校は別に暴力的ではなかったですが、中学校は暴力教室状態でしたから、子供心に非常に魂消ましたね~? 不良に理屈は通じません。悪いと判っていて愉快にやる人間というのはいるのですよ。

 高校に進学したら、小学校と同じで平和になりましたが、大学生の頃はレイプ自慢するような同級生もいましたね? 「うわ~、危ないヤツだな~?」と思いましたけど、早稲田や慶応の学生もそういう事件起こしてましたしね。

 倫理観なんて人それぞれですよね?

 自分を基準に考えてはいかんのですよ。

 世の中、何が起こるか判らない。だから、突発的危機に備えて自分の身は護れるようになっておきたい・・・というのは常識的考え方だと思いますよ。

 昔、あまりにも嫌がらせが酷いので地元警察に相談にいった時、「あのね~。警察は貴方が殺されてからでないと動けないんですよ」と言われて、ハッと気づきましたよ。

「なるほど、そりゃあそうだ。警察が市民一人一人をガードするなんて不可能だよな」と悟りましたよね?

 以来、いざとなったら決死の覚悟で戦う!と決めています。

 そういう覚悟を決めてしまうと、案外、危なくなる前に相手が気づいて逃げてくれるようになりましたね。やっぱ、殺気が出るみたいだから・・・。

 ことのついでに、何度も人を救けたこともありました。戦う覚悟とスキルがあるから、救いに行く勇気が出せる訳ですよ。

「そんな危ない状況なんて滅多にないよ」と、何回言われたか判りません。が、そう言っていた本人から「実は最近、こういうことがあったんだけど・・・どうしたらいいでしょう?」と暴力への対処法を相談されたりすることもあります。

 他人事だと思っている人は、大抵は鈍感なだけです。

 学校で、職場で、路上で、旅先で、サークルで、電車の中で、居酒屋で・・・どこでも不意に暴力にさらされる危険性はあります。

 自分になくとも家族や友人がさらされることも少なくありません。

 ネットのイジメもひどいもんでしょう?

 私も経験ありますけど、イジメをやっている人に注意すると、今度は示し合わせてイジメてきたりするでしょう? だから、さらわぬ神に祟り無しを決め込んで見て見ぬフリをするじゃないですか?

 こういう傍観者も同罪ですよ。スカした態度とっても本当は自分が巻き込まれるのが怖いだけなんですよ。

 このスカしたコメント書いてる人達は、自惚れ合気道家?と同種の人間なんだと思いますよ。自分が無様な醜態をさらすことを恐れているから、口先非難しているんでしょう。

 私は逆! そんな自惚れ詐欺野郎は武術文化を汚すクソなんだから、パンチパンチパーンチ!してやるべきです。


 19日、土曜日は小説講座の特別ゲストにハルキ文庫で執筆されている鳴神響一さんが来られるので来ませんか?とお誘いを受けていたので、行きました。

 鳴神さんの海賊物時代小説『鬼船の城塞』がリイド社の『コミック乱』で連載劇画化されることになった記念?だったのかなと思いましたが、そうでもなかったらしく、講座は普通にやっていて、鳴神さんが知人の作家である蒼井凜花さんを小説講座の先生に紹介するために連れてきたというのが主な目的だったみたいでした。

 私は、てっきり鳴神さんと先生との対談なんだとばっかり思っていたんですが、新年会以外でお会いするのは出版社のパーティー会場くらいなので、講座後の飲み会でいろいろ話せて面白かったですよ。

 それにしても漫画原作者を目指す身としては先を越された~?という嫉妬心がメラメラメラ~ッと・・・(笑)。

 小説講座仲間の中からは、近い将来に売れっ子作家になる人が出てくるかもしれませんが、まずは忌憚なく批評してくれる人達として良い関係を保っていたいと思っています。

 もう十年どころか二十年くらい前から出版不況と言われ続けていますが、文芸という分野が消滅することはないでしょう。

 お陰様で、秋には二冊、同時刊行される運びで、それ以外にも時代小説が年内?には出る予定ですし、今は空手の本を執筆中です。

 前作からかなり期間が開きましたが、その間も私は下調べしたり執筆したりし続けてきていました。

「最近、ブログの更新が遅い」とお叱りを受けるのですが、何冊分も本の原稿を書いているので忙しいんですよ。

 実際に執筆する作業は私は異常に書いて早いので、そんなり苦労はしないんですけれど、本を書くには下調べで何十冊も本読んだりしなければならないので、それがシンドイんですよね~?

 以前は好き勝手に書いていたのですが、時代小説は物凄く調べなきゃならないんで、正直、こればっかり書くハメになったらたまらんな~?と思っています。

 たとえば、自分のことを称する時にも、「拙者」「それがし」「やつがれ」「身供」「余」「わらわ」・・・とか書き分けるんですけど、面倒臭いでしょう?

「本当に、こんな具合に言ってたのかな~?」と、非常に疑わしくなります。

 だから、処女作は『セーラー服忍者』のノベライズにした訳ですけど、ジュブナイルを意識したので完全にラノベになりましたね? ラノベのほうが性に合うみたい・・・。

 同時に映画の企画もやっています。『セーラー服忍者』は初プロデュースだったので、何かと至らない心残りの多い作品だったのですが、見てくれた人からは概ね、「予想以上に面白かった」「ラストシーンでウルウルッときた。DVD買いますよっ!」と言ってくれる人が多かったですね。

 ただ、会員でも見たがらない人が少なくなくって、何で?って思いますけどね。

 だって、私だったら、自分が教わった先生が出てる映画だったら、どんなちょい役でも絶対、買いますけどね? 思うに任せなかった作品だと正直に書き過ぎたので、「見てもらいたくないのか?」とか思ってるのかな~?

 私、どうも正直過ぎるから、思ったまま書いてしまうんですけど、本音は多くの人に見てもらいたいし、結構、よくできたとは思ってるんですよ。超低予算の割りに。

 しかし、なまじよくできてしまったから、細部のアラが目立って気になってしまうんですよね~? やっぱり予算は大切だな~?と・・・。

 私自身も十回以上、見直していて、見直す度に「もしかして、この映画、かなり面白いのでは?」と他人事のように思ったりしているのです。

 当事者としては欠点ばかり気になってしまうのですが、出演してくれた鶴巻さん、下田さん、岩下さんは「凄く楽しかった!」と言ってくれて、「あ~、無理してでも作って良かったな~」とあらためて思いましたね。

 何しろ、製作進行の最後の決定は私がしたんですよ!

 鶴巻さんの所属事務所の社長さんは、「長野さんがやると言わなかったらやめてましたよ」と先日、言われました。

 その時点で製作資金は0でしたからね~?

 決定してから金作ったんですからね? メチャクチャ過ぎますよね。

 あらためて思い出しても、完成したのが奇跡としか思えません。そういえば、キャスティング交渉している時に母親亡くなって、葬式に帰った時も役作りのために髭伸ばしっぱなしでしたから親戚からお小言言われまくりましたよね~?

 完成できなかったら面子が立ちませんでしたよ。

 撮影中はストレスでずぅ~っとポンポンが痛かったし・・・、私には楽しかった思い出が一つもありませんでしたよ・・・(グッスン)。

 おまけにキャストが大怪我してしまった時は目の前が暗くなりましたよ。どうやって償えばいいのか?と・・・。監督、全然、平気の屁いざだから(監督が無理な要求を求めたのが怪我の誘因だったと私は思います)、あの時はマジでぶち切れましたけどね。

・・・とまあ、いろんなドラマが隠されている『セーラー服忍者』、宜しくねっ?

 DVDは10月6日に発売されます。予告編映像が素晴らしく出来がいいので、是非、ご覧くださいませ! 武術好きの方のために特典映像は豪華武術三本立てになっております!

 で、その後も映画の企画をやっている訳なんですよ。決定してないから書けないけど、一回やってみてプロデュースのやり方とかあれこれ知恵がついたので・・・。


 20日の日曜の本部稽古会北島小塚両師範が休みだったので、栗原師範と若手会員IさんTさんの四人で町井先生(居合)・吉田先生(心眼流)・高無先生(二天一流)のDVDを見せて見取り稽古をやりました。

 これはTさんが私の解説を聞きたいということで先週持参していたものでした。

 先週は銀座にライブ見に行くので時間がなかったので、今週にした訳です。

 町井先生の居合の型演武は初めて見ましたが、やはり上手いですね~。初心者が稽古の参考にするのにも良いと思いました。

 吉田先生は噂に聞いた通り、非常に実戦的でした。基本ではなくアドリブで戦えばこうなるという見本を見せていて興味深く拝見しました。

 高無先生は、非常に頭脳明晰な方だと思いました。かつて、これほど剣術の理合についてわかりやすく解説したDVDを見た記憶がありません。

 町井先生の作品は初級者、吉田先生の作品は上級者、高無先生の作品は中級者に向いているように思います。

 町井先生の今回の作品は敢えて基本中の基本を見せているのだとお見受けしました。ですから、型稽古で基本を練るのに特化して作られているのだろうと思いました。よって、敢えて実戦的な応用技の類いは一切、収録されていません。

 剣術の体術への展開は、典型的な状況設定の約束型なので、原理的な身体操法を学ぶものと弁えて見るべきでしょう。武道格闘技を愛好する人は、粗忽な人が多いので、「こんな具合に攻撃してくるヤツなんかいねえよ」とばかりに誹謗中傷する可能性もあると予想しますが、町井先生の目的がそこにあるのではないことは、ある程度、古流の型稽古の意味が解る人なら理解できるとは思います。

 ただし、型稽古を理解しているから実戦への対応技能があるとは限らないのも事実であり、非常に多くの伝統武術修行者が優越感と劣等感の狭間で揺れ動いているのも斯界の現状であるという認識は必要だと思いますね。

 私が何を言いたいのか?は、考えてみてもらいたいので、敢えて申しません。

 逆に、吉田先生の作品は基本は省いて実戦に対する応用法を練習している様子を、そっくりそのまま撮影したような印象で、“武者震いの一手”を教えているのか?と思うと、そのような解説はまったくありません。

 ですから、私以外は吉田先生が武者震いの一手をどこでどのように駆使しているのか?という点も、まるで見抜けませんでした。

 しかし、これは仕方がないかな?と思いました。

 ほとんど外から見えないくらい一瞬ブルッと使っているだけなので、自分が同じことができるくらいのレベルでないと見ただけで判別はできないでしょう。

 Tさんも判らなかったから、私に見せて分析してもらおうと思った様子でしたから、これは実際に実演して解説してみました。

 やり方としては“白鶴震身”に近いですかね?

 大阪支部長が“纏絲勁”と勘違いしたくらいですから、このような技は見た目では誤解しやすいのです。

 そういえば、先日、大阪支部長が深井先生に教えを受けてきて切り落としを教わった時に、「纏絲勁」と同じなのかと質問した様子なのですが、「切り落とし」はクサビを打ち込む原理で相手の刀を弾きそらす技なので、纏絲勁のような回転運動は加えません。

 鎬作りの日本刀だからこそ、できる技なのです。

 ただし、一刀流の源流とされる(諸説あり)念流の「切り割り」「割り突き」の技は当たる瞬間に刀身を巻くように擦り付けて弾きそらす回転運動を有しており、これは馬庭念流の技術を継ぐ鹿島神流の太刀筋にも見られます。

 ですから、一刀流の刀法の中にもあるのかもしれません。

 ちなみに、この巻くように捻る回転運動を加えて相手の太刀を弾く操法は神道夢想流杖術の秘訣として比較的有名です。

 これは空手の“受け”にも含まれます。

 まあ、いくつかの流儀で秘伝に関することなので、私もあまり詳しく解説するのはやめておきます(恨まれるから?)。

 知りたい方は入会するかセミナー受けてくださいね?

 吉田先生の技は心眼流をベースにした吉田流になっている印象で、合気や発勁の要素もあれば、位取り(ポジショニング)の見事さは玄人受けしそうな感じですね。

 でも、ほとんど説明されないし空手着で練習されているからか? 異様に強い空手の先生に見えてしまいました・・・。


 高無先生の作品は、ある程度、剣術をやっていて頭脳明晰な人にとっては物凄く価値があると思います。

 ただ、まったくの初心者や剣の初級者には難しいかもわかりません。

 TさんはK大卒だから問題なかったと思いますが、普通に武道武術やっている人間はチャイルディッシュな人間が多いので、「戦ってみなきゃ~わかんねえだろ?」って具合にすぐになりますからね?

 しかし、二天一流関係の作品の中では最も具体的に細かい理合について解説されていると思いますし、私個人としては今回見た中では最も勉強になりました。

 型で解説しながら、それを実戦に応用するにはどうすればいいのか?というところまで踏み込んで丁寧に解説されているのです。

 簡単に見えても、非常に困難なことです。

 また、個人的に嬉しかったのは、最後の歩み足の解説の箇所が、まったくうちの基本の歩法と同じだった点でした。

 私が長年、研究してきたことが伝統的な流儀と同質であったということは、非常に嬉しいことです。間違っていなかった・・・ということですから。

 思いおこせば、会の分裂騒動が起こった時、私が最も怒ったことは、分裂組の連中が、私の研究してきた歩法を「必要ない」と言ったことでした。

「初心者には難しいから必要ない」なんて言うので、激怒しましたよ!

 本当にあの時は情けなかったですよ。仮にも教わっている人に対するリスペクトが少しでもあれば、こんなバカな発言はできませんよ!

 自惚れて、人を見下した揚げ句、新しい会も雲散霧消してしまい、「こいつらは男の意地もプライドさえも無いのか?」と、本当に情けなかったですけど、「あ~あ、俺はこんな情けない人間しか育てられないのか?」と自分が恥ずかしくなりましたよ。

 でも、二度と同じ失敗は繰り返さない! 実力も人格も見識も備えた武術人をたくさん育ててみせますよっ!


 それはともかく・・・やはり、作品は著者の名前だけで選ぶのではなく、内容を考えて選ぶべきだろうな~?と思いましたね。

 つまり、自分が求める内容と合致している作品かどうか?ということです。

 例えば、今回の三つの作品で言うならば、初心者が初めて武道を学びたいというのなら町井先生の作品は最適だと思いますし、ケンカで強くなりたいというのなら吉田先生の作品は実戦のコツが無数に隠れていますし、一通り学んだけれども行き詰まっている人なら高無先生の作品は大いなる教えを与えてくれるでしょう。

 無論、それぞれの先生方がそれだけである道理はないでしょう。

 一人の人間でも見る角度によっていろんな顔があるものです。

 どこから見ても同じという人がいたら、それは面白味のない人なんですよ。

 黒田鉄山先生が実は宇宙戦艦ヤマトやサンダーバードのオタクだって知ったら、妙に親近感がわくでしょう?

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索