コンテントヘッダー

何か、スカし過ぎてませんか?

 スマホでググッてるといろいろユーチューブの動画を見れるので、面白そうだな~と思うのを、ちょこちょこ見るんですが、「空手をバカにする合気道家?に思いっきり蹴り入れてやった」というテンマツを書いた動画を見ました。

「これって甲野さんなんじゃないかな~?」と個人的に思ったんですが(このようなことを数限りなくやっている人だから・・・)、誰とは書かれていません。

 まあ、こういう合気道家や大東流合気武術家は結構いるのですが、私が心当たりがあるのは甲野さんが一番、可能性高そうですけどね。

 それはまあ、いいんですけど・・・私が嫌だな~と思ったのは、コメントしている人達が、この人に対して否定的なことばっかり書いていることですよ。

 何、スカしてるんでしょう? 上から目線で・・・。

 卑怯だって言うのなら、人前でデモンストレーションするのに他流の人を利用して一方的に技をかけて見せて自流を誇るような真似をする人間の品性は愚劣じゃないですか?

 そして、「空手をナメるんじゃねえっ!」と、少なくない人が見ている前で意地を示してみせたこの人の気骨を称賛するのが当たり前ですよ。

 他流をダシにしようとした揚げ句に蹴り倒されて醜態さらすのは、「士道不覚悟」の極みです!

 全面的に、この人物がクソですよ!

 そのクソ人間をスカした顔で上から目線で傍観している連中に武術の武の字も語る資格無し!

 私も昔、自惚れる度にガツーンと鼻っ柱を叩き折られて、ハッと現実を知る・・・という機会が何回もありましたけど、だからこそ、成長することができるんだと思います。

 武道や格闘技の良さって、現実に手合わせすれば嘘がつけないところにある。

 型稽古だけしかしない武術では嘘やごまかしがいくらでもできる。

 現実に試し合うことを「レベルが低い」と見下す人が伝統武術家には多いんですが、そういう低いレベルのことを経験しないままスカした優越意識に捕らわれてしまうと、この合気道家?みたいな悲しくも滑稽な姿をいずれさらすことになるんですよ。

 で、自分の現実の姿を隠して虚栄心で理論武装するように虚飾に塗れて屁理屈ばっかりしゃべくるような気持ちの悪~い人間になるんですよ・・・。

 武術や武道に憧れる人間は基本的に劣等感が強い! だから、逆転した優越感に浸りたがるので、御大層な美辞麗句で飾り立てるんですよね~。

 名のある人でもそうだったりするんですよ。

 そういう斯界の体質を熟知している者から言わせてもらえば、この人は非常に立派だし、勘違いした自惚れ武道家に真実を教えてあげたんだから、素晴らしく優しい人だと私は思いますよ。

 だって、相手の名前を明かしていないじゃないですか?

 最後のメンツだけは保ってあげようという武士の情けを弁えているんですからね?

 私だったらキッツイお灸を据えてあげようと相手の名前、書いちゃいますけどね?

 いやはや、それにしても、このコメント書いてる人達の存在からは、日本がインチキ詐欺師にかくも寛容な理由が納得できる気がしましたね?

 私は、こんな“スカした連中”には武術教えたりしたくないです。

「本当に強くなりたい!」

「今の自分から脱却したい!」

「もうイジメられるのはたくさんだっ!」

「年とっても衰えないで成長したい!」

「自分が知らない武術をたくさん知りたい!」

・・・といった向上心を持った人でないと教えたくありませんよ。

 ヒマ潰ししたいなら武術なんかより楽しいこといくらでもあるでしょうし、ちょっと他人と違った高尚な趣味をひけらかしたいみたいな人は他所に行ってもらいたいです。

 嘘つきや自惚れ屋は大っ嫌い!

 ブランド信仰の人も嫌ですね~。

 ちょっとメディアに採り上げられると殺到する連中なんて、ファッション感覚でしょう? 価値も解らず名前だけ欲しがるような連中には教えたくありませんよ。無駄だし。

 武術は単なるスポーツではないですよ。生きるか死ぬかの戦闘をくぐり抜けるサバイバルの知恵と技術です。

 だから、“生きる”ということへの執着心が無いとダメだし、対象的に生きることを捨てて無心になることを追究するのが極意という生き方の逆説的哲学なんですよね。

 当然、学ぶ内容は“ありとあらゆる人の殺し方”なんですよ。綺麗事並べたがる人間には縁のないものです。

 非日常、ファンタジーですよ。やってることは・・・。

 でも、日常に隠された非日常というものが在る!ということを知るのが真のリアルなんですよ。

 今、現時点の日本ではリアルに感じられないでしょうが、戦争を体験していた世代だったら戦闘のなんたるかは理解していたでしょう。

 なんだかんだと言ったところで、人間も極限まで追い詰められれば動物としての本性が出ますよ。

 理性的な人間ばかりと思うのは甘いか鈍感かのどっちかでしょう。

 私は、小学校は別に暴力的ではなかったですが、中学校は暴力教室状態でしたから、子供心に非常に魂消ましたね~? 不良に理屈は通じません。悪いと判っていて愉快にやる人間というのはいるのですよ。

 高校に進学したら、小学校と同じで平和になりましたが、大学生の頃はレイプ自慢するような同級生もいましたね? 「うわ~、危ないヤツだな~?」と思いましたけど、早稲田や慶応の学生もそういう事件起こしてましたしね。

 倫理観なんて人それぞれですよね?

 自分を基準に考えてはいかんのですよ。

 世の中、何が起こるか判らない。だから、突発的危機に備えて自分の身は護れるようになっておきたい・・・というのは常識的考え方だと思いますよ。

 昔、あまりにも嫌がらせが酷いので地元警察に相談にいった時、「あのね~。警察は貴方が殺されてからでないと動けないんですよ」と言われて、ハッと気づきましたよ。

「なるほど、そりゃあそうだ。警察が市民一人一人をガードするなんて不可能だよな」と悟りましたよね?

 以来、いざとなったら決死の覚悟で戦う!と決めています。

 そういう覚悟を決めてしまうと、案外、危なくなる前に相手が気づいて逃げてくれるようになりましたね。やっぱ、殺気が出るみたいだから・・・。

 ことのついでに、何度も人を救けたこともありました。戦う覚悟とスキルがあるから、救いに行く勇気が出せる訳ですよ。

「そんな危ない状況なんて滅多にないよ」と、何回言われたか判りません。が、そう言っていた本人から「実は最近、こういうことがあったんだけど・・・どうしたらいいでしょう?」と暴力への対処法を相談されたりすることもあります。

 他人事だと思っている人は、大抵は鈍感なだけです。

 学校で、職場で、路上で、旅先で、サークルで、電車の中で、居酒屋で・・・どこでも不意に暴力にさらされる危険性はあります。

 自分になくとも家族や友人がさらされることも少なくありません。

 ネットのイジメもひどいもんでしょう?

 私も経験ありますけど、イジメをやっている人に注意すると、今度は示し合わせてイジメてきたりするでしょう? だから、さらわぬ神に祟り無しを決め込んで見て見ぬフリをするじゃないですか?

 こういう傍観者も同罪ですよ。スカした態度とっても本当は自分が巻き込まれるのが怖いだけなんですよ。

 このスカしたコメント書いてる人達は、自惚れ合気道家?と同種の人間なんだと思いますよ。自分が無様な醜態をさらすことを恐れているから、口先非難しているんでしょう。

 私は逆! そんな自惚れ詐欺野郎は武術文化を汚すクソなんだから、パンチパンチパーンチ!してやるべきです。


関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索