コンテントヘッダー

やっぱし武術家は正直なのがカッコイイよね~

 新刊本をお贈りしたところ、新体道の青木宏之先生から御礼のお電話をいただき、久しぶりにお話しました。

 青木先生とお話したのは、一昨年の新体道のパーティー以来でしたが、一対一だと安心して本音を口にできるので、まあ、アノ人のことやら何やらお話して楽しかったです。

「長野さんも、今回はついに思い切って書いちゃったんですね~」と、笑いながら言われましたが、これは実物を読んだら何のことか判ると思いますので、ここには書きませんけれどね。

 何でもジャズトランペッターの近藤等則さんとのコラボレーションで、また演武をされるそうなんですが、「夢想神伝流に大森流、無双直伝英信流に天然理心流、北辰一刀流なんかを自己流でデッチあげたインチキな剣をやりますよ。ハッハッハ・・・」と、いつもの調子で言ってのけられる青木先生・・・。

 本物の達人に限って「俺のはインチキだよ~」と、平然と言いきってしまうのに対して、しょうもない連中は「私こそ正統だ!」って言いたがるんだから、武術の世界は面白いな~と思います。

 私は、青木先生に直接指導を受けた経験は、実は一度も無いんですね。新体道の直接指導を受けたのは中村晴一先生からが一番多くて、技を受けさせていただいたのは、花木先生、皆川先生、岡田先生もあります。

 ただ、学んだというほどの指導は受けていないんですよね。

 それなのに、何度か、私の動きを見た人から「新体道の青木先生に学ばれたんですか?」と聞かれたことがあるんですよ。似てるって言われるんです。

 いや~、私は凄く嬉しかったですね~。だって、達人中の達人ですもん。実際に、イメージ的には青木先生の動きを採り入れている部分はあるんですよ。

 私の勝手な分類なんですけど、武術家には大まかに分類して二種類の体のタイプがありまして、体軸系と丹田系という言葉で私は分けているんですよ。

 私が中国拳法を学んだ師匠は丹田系で、その兄弟子の岡林先生は体軸系でした。青木先生は丹田系なんですよね。

 私ももちろん、丹田系。だから、中国拳法の師匠の動きが体質的に合った。そして、青木先生の動きもまた体質的に私に合うんでしょうね。

 そういえば、昨年末に独立した人達は体軸系の動きを求めていて、残った師範代二人は丹田系。う~ん、こういう具合に考えると面白いな~。技の嗜好は身体に合う合わないというのが意外と関係しているもんですよね。

 この分類法はほとんど公開しないで私の中で使っていただけなんですけど、これだけで本一冊書くのもアリかも知れませんね?

 まあ、それはそれとして、青木先生は最近、振武舘の黒田鉄山師範と会ったそうなんですけど、「いや~、黒田さんは凄いよ~。感心しちゃったんですよ~」って言われるんです。

 何のことか?と言いますと、黒田師範は、沢山の人が見ている前で演武した時に居合を失敗して手のひらを深く斬ってしまった・・・という失敗談を何のてらいもなく平然と話されたんだそうです。

「あれだけの人が自分を飾らずに失敗した話を言えるのは凄い」と、青木先生は非常に感動されていました。

 でも、嘘までついて自分を飾ろうとする人間のほうが異常なんですよね。黒田師範は普通の精神状態を保っているだけ・・・なんだけど~・・・確かに武術の世界は異常に虚栄心の強過ぎる人の巣窟だから、普通の人が物凄く立派に見えるヘンな世界ですもんね。

 しかしまあ、私の経験上、武術の強い人は、みんな、ざっくばらんで明るい人ばっかりですよ。暗いヤツは駄目だよね。
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索