コンテントヘッダー

アキバ・カルチャーの規制は如何に?

 数カ月前に、アスペクトに打ち合わせに行く時に、神保町を歩いていてセーラー服着た少年?を見かけて目がテンになってしまっていました。

 が、ニュース番組を見ていて、「神保町はオタクの聖地、アキバから地理的に近い。彼はアキバから流れてきたコスプレイヤーだったのか?」ということを、初めて納得できました。

 まあ、コミケにコスプレイヤーがたむろっていても別に違和感はありませんし、アキバでメイド服着た女の子が普通に歩いているのもモーマンタイ・・・。

 でも、「日曜日にホコ天でコスプレイヤーがパフォーマンスしている」と聞いても、かつての原宿の竹ノ子族みたいなもんだろ?と思って、別に何の感慨もわかなかったんですがね~。

 ニュース番組で、パンツ丸見せしていた自称グラドルが逮捕されて・・・云々というのは、確かに、オイオイ・・・って思いましたけど、セーラー服着た少年?が警察官と“表現の自由”について熱く論争している様子は、申し訳ないんですけど、コントかと思っちゃいました。

 まあね~。風紀が乱れてどうのこうのって話は、さもありなんって気もするんですけど、たかがオタクのパフォーマンスくらい許容してやれないのか?って感じはします。

 言っちゃ悪いけど、そういう格好して注目を浴びることで存在証明を得られたみたいな、屈折した心地よい気持ちになる時期って、若いうちはあるんじゃないの?

 どうせ、ある程度の年齢になったら本人が「俺って、いつまでこんな真似やってるんだろう?」って、空しくなる瞬間があると思うし、生産性の無い自己顕示欲だけの行為は単なるマスターベイションでしかないんだから、世間的な評価には繋がらない。

 逆に言うと、「勝手にやれば?」って話なんだから、取り締まる必要性が本当にあるのか?ってことです。

 オタクも極めれば立派なプロフェッショナルとして活躍できるかもしれないけれど、そこまでなるには努力と根性と天運みたいなものが必要になる。

 要するに、志しの無いオタクは長くは続かないってことです。

 まあ~、そんな次第で、オタ芸道を極めようとするような人は自然にプロになっていくだろうし、そうでなければ消えていくだけ・・・それを無闇に規制するんじゃなくて、例えばパフォーマンス広場を用意してアキバ・カルチャーの殿堂を堂々と世界に発信していけばいいんじゃないですか?

 井筒監督は「気色悪い~」と嫌がっていたけれど、オタク文化が日本の代表的カルチャーとして世界に広まっているのも事実なんだし、もっと文化として育てる方向性があっていいんじゃないかな~?

 私も昔はオタクは気持ち悪いと思っていたんだけど、冷静に考えて俺も十分にオタクだから、何か、シンパシーがわいてきちゃってですね。優しく見守ってあげたい・・・という気持ちになっちゃったんですよね(朝ナマも、こういうテーマで討論したら面白い?)。
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索