コンテントヘッダー

九月セミナー予告

 九月の武術セミナーは、『型の解釈』です。

「太極拳って本当に武術なの?」とか、「空手の型って、どうやって使うの?」とか、「合気道って、どうして手刀で打ちかかるの?」とか、「居合道って本当に使えるの?」といった、様々な“型への疑問”を、私がバッサリと解決してみせましょうぞ・・・。

 いや、私も、交叉法を知るまでは、「武道に型なんか必要ないじゃん」と思ってましたよ、マジで・・・。

 30歳過ぎて、謎の中国拳法家K先生と出会うまでは、“型不要論”に気持ちが傾いていましたよ。

 いやはや、愚か者でございましたよ・・・若気の至りってヤツですか・・・。

 まあ、今回は一年間のセミナー中でも最もディープな回になると思いますよ。

 なんたって、型って一口に言ってもですね~。これがまた秘伝、極意の宝庫なんですよね~。私、簡化太極拳でボクシングやってる人に勝っちゃったことあるもんね~。ビックリしてましたよ。「太極拳って、汚ねぇ~っ!」って、その人、呆れてましたもん。

 そうです。武術の型の中には汚い卑怯技がテンコ盛りなんですよ。

 だから、口伝にして隠したんでしょうね。卑怯過ぎるから・・・。

 でも、だからこそ、老人でも女性でも子供でも大の大人を一撃必殺で倒せる訳で、汚い技こそ実用的なんですよ。

 それを捨ててしまったりするから、柔道がJUDOに太刀打ちできなくなるんだから、綺麗言をほざく暇があったら、本来の武術の型をもっと研究分析するべきだと私は思いますね。

 私、型の解釈やるだけで本が何百冊も書けちゃうでしょうね~。それだけで食っていけるかもしれないな~。

 九月に出る予定の新作本『もっと知りたい武術の極意』中でも、空手のジオンとバッサイの型から抽出した技と“山突き”の用法例をイラストで解説しています。

 これなんて、夏に白州に行った時にペンションで会員さんと相談して「コレをやろう」って決めたものなんですけどね。

 つくづく、昔の人はよくぞここまで武術を工夫したものだな~・・・と、感心するばかりですよ。分析するより0から生み出す方が遥かに困難なものですからね。

 先人の命懸けの工夫を無駄にしないで実用の技を抽出していくだけでも私の仕事は一生を捧げても意味があるもんだと思っています。

 頑張りまっス!
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索