コンテントヘッダー

映画『靖国』は反日か?

 稀に見る社会問題となったドキュメンタリー映画『靖国』ですが、どうにも話題ばかりが先行し過ぎて、私は劇場で見る機会を失していました。

 どうも、映画として冷静に見ることが難しくなってしまった印象があったので、しばらく時間を置いてから見る方が良いと思っていたのです。

 DVD発売も予定されていますが、これもまた紛糾しそうな感じで、知人からDVDのサンプルを見せてもらったので、遅ればせながら感想を書きます。

 一言でいってしまうと、この映画は反日映画とはまったく言えないでしょう。

 いや、「反日映画ではない」と明言しても構いません。

 確かに、南京大虐殺の新聞記事写真やら戦時中の記録映像なんかも使われていますから、その部分だけをあげつらって「反日の意志がある」と批判したがる人達がいるのも解らなくはありません。

 台湾先住民族タイヤル族の活動家、高金素梅さん達の「高砂義勇軍として日本軍に組み込まれて死んだ祖先の霊を返せ!」という靖国神社との確執も、それ自体を採り上げたドキュメンタリー『出草の歌』と比べれば、思想的なプロパガンダはありません。

 いや、そもそも、この作品には思想的意図は極めて薄く、通常のドキュメンタリー映画と比べると、ナレーションもなくテロップで解説文が少し出るだけで特に印象を操作しようとする意志がありません。

 まったく無いとは言いませんが、靖国という場(フィールド)に引き寄せられる人達を実直に映しただけという印象の方が強いのです。

「日本人にとって靖国とは何なんだろう?」という問いかけだけを残している作品。

 だからこそ、見る人がそこに自分の思想性を映してあれこれと批評してしまうのではないか?と思います。

 特に問題視されていた政治的意図は全然なく、単に小泉元首相が参りに来たか来ないかを騒ぐ人達がいたり、各自が自分の主張を誰に聞かせるでもなく喋っていたり、軍服コスプレで軍刀持って参る変な人とかがやたらに集まっている妙な場所?という印象しか残らないのです。

 コミケに集まるオタクと別に変わらないだろうし、軍国主義に浸りたい軍事マニアの聖地なのか?という印象さえ持ってしまうのですが、こういう具合に、今時、天皇制だの英霊だのということを声高にしゃべりたがる人達が極めて異端的な人達であることは疑いのないところでしょう。

 私の父親も母親も戦前の教育を受けていたので、結構、右よりな考え方をしていましたが、私の世代は学校の社会の先生が大学時代に学生運動の洗礼を受けているので、必然的に左よりになってしまったものでした。

 だから、私も自然に左よりの考え方になっていたみたいですが、その後、左と右の人達と実際に付き合いをした時に、どっちかと言うと右の人の方が人間的に好ましかったので、そういう付き合いも増えました。

 けれども、率直に申しますが、私は天皇制には全然関心が持てないし、共産主義は嫌いだし、特に心酔している宗教や思想もありません。欺瞞しか感じないんですよ。

 何で、そんなもんが必要なのか?とすら思ってるくらいなので、そういう何らかの思想に機械的に支配されたがる人達が滑稽に見えて仕方がないのです。

 所詮、好きか嫌いかに理由を付け足す必要なんかないのですよ。

 だから、この『靖国』という映画は鏡と一緒で、見た人が自分の思いをそこに投影してしまうんでしょう。鏡を見て吠える犬と一緒です。

 だいたい、南京大虐殺をプロパガンダしているように批判していた人は、その前に南京大虐殺が嘘であるという署名運動をしている人達のシーンを見なかったんでしょうか?

 最後の靖国刀の刀匠、刈谷さんの刀剣作りの様子も、靖国を巡る喧噪とは無関係に上質な日本刀を作りたいとする職人魂を描いただけの効果しか挙げていません。これも軍国主義に利用された刀匠の悲哀は感じても、それ以外のものは感じられませんでしたけどね。

 ただし、反日ではないけれども、この作品は意外なほどの“反戦”の意図を秘めている作品であることはもっと評価すべきではなかったでしょうか?

 私の父の兄、つまり、私の伯父は潜水艦に乗っていて沈められて英霊になったそうですけれど、私の知る限り、父は兄の慰霊に靖国神社に参りに来たことはなかった筈です。

 戦争で死んだ人達を英雄視する行為は、私には欺瞞の最たるものとしか思えません。

 何故なら、戦争の召集令状を受けて本心からお国のために敵と戦ってくるぞ・・・という意識で立ち向かった人達がそんなにいたとは思えないからです。

 否応もなく死地に連れていかれて殺し合いをさせられて、恐怖に震えながら銃を撃ったに違いないと思うからです。要するに“洗脳”されて“戦争”させられた。卑劣で残酷で不幸なだけです。

 だから、そこに有るのは「国のために死ぬことが家族の幸せだ」とする拒否できない権力の心理コントロールであり、私は絶対にこんな権力の理不尽な暴力には従いたくないし、拒否する力が無くて悲壮な気持ちで死地に向かった人達の悔しさを思っていたたまれなくなるのです。

 私が戦う時は、自分・友達・家族・身近の助けを求める人・・・のためくらいです。国のため? そんな欺瞞の手口には引っ掛かりませんよ。

 別に日本だけじゃないですよ。中国も北朝鮮も、アメリカだって、ロシアだって、どこの国だって、一皮剥けば同じことでしょう? 民衆を騙くらかす欺瞞に満ちているのは。

 国家という権力装置の維持の駒として死地に向かわされた人達を“英霊”と呼ぶのは欺瞞に過ぎない。

 それを露にしただけで『靖国』は価値のある映画だったと私は思います。

 あ~、だから、必死になって上映できなくしようとしたのかな~?

 小泉さんが「日本のために死んでいった人達に日本人がお参りすることのどこが悪いのか?」と言っていましたが、無論、全然悪くないですよ。

 だけど、そう思うのなら、日本との戦争で犠牲者が出たアジア諸国にもお参りに行かなきゃ~嘘だよね。

「日本の首相だけが何故、そんなことをしなきゃいけないのか?」って言う人もいるけど、外国の首相がやらないからこそ日本の首相がやることの意味があるんだよ。自分たちが敬意を払っていれば相手も応えるようになるんだから、低いところで競うのはやめましょうよ。ホントに・・・。

 日本の良さって礼儀正しいところじゃなかったっけ? 戦わずに勝つ! これが平法ってもんです。

「君たちは大和魂というものを知ってるか?」と叫ぶ爺さん。

“大和民族の魂”だと言いたいんだろうけど、それは違うよ。大和って、“大いなる和”って書くでしょ? 民族の優越思想のことじゃなくて、“民族人種を超えた大いなる結びの精神”を持つ和魂(ニギミタマ)って意味の筈でしょ~、本来は。

 民族主義の選民優越思想が他国に危険視されているんだから、そういう近視眼的思想の問題点を自覚して“世界”を考えなきゃいかんですよ。

 もっと単純に言うとですね。攻撃された時に備えて防衛意識を持つのは重要ですが、それ以上に重要なのは、攻撃されないように他国と理解し合う努力をすることですよ。国としてやるべきなのは、最終的には国境を無くしていくことだと思いますよ。

 自尊心だけじゃなくて、他人、他国の人達も尊重する姿勢がこれからは必要になっていくでしょう。映画『靖国』が暴き出したのは自尊心に塗り込められて排他主義に陥った人達の滑稽さだったんじゃないか?と私は思いましたけどね。

 それが戦争を正当化してしまうんじゃないのかな~? 国の都合で国民に殺し合いやらせるのが戦争なんだからね。


PS;今週土曜日のシダックス講座は翌日曜日の午前10:00~11:30に変更されます。会員さんで滅多に来れない人も体験入門で来られたらいかが?

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索