コンテントヘッダー

生徒の結婚式に呼ばれるということ・・・

 最初に武術を教えたのが25歳だったので、46歳の今となっては、21年という結構な年月を指導する者として過ごしてきたんですが、教えた人の結婚式に呼ばれたのは初めてです。

 何か、正直、ピンとこなかったんですけど、K師範代と一緒に呼んでもらって、お台場のホテルへ着慣れない礼服を着て出掛けましたよ。

 ゆりかもめにも初めて乗って、あ~、そういえば23歳で上京してきてから一度も都内観光みたいなことはしてないな~と思ったり、何だか感慨深くなりましたね。

 まあね~、人間は精神年齢って、そうそう上がらないものですけど、肉体年齢は確実に増えていきますからね。

 会員のOさんは、うちの会の純粋培養ではありませんから、そんな結婚式にまで呼んでくれるなんて思ってもいませんでした。

 それにね。正直、私は冠婚葬祭が大の苦手なんですよ。できるだけお断りしたいくらいなんです。最近、パニック障害の発作も時々ぶり返すようになってしまったので、公の場所に長時間いるのは余計にきつくて、家で仕事してるのが一番ラク。

 でも、「是非、出て欲しいんです」といわれると、“お目出度いことだし、断るのは良くないし、俺みたいなのに出て欲しいといってくれるのは二度とないかもしれないしな~”とか考えて、OKしたんです。

 また、「当日は講座があるから途中で退席しなきゃいけないけど、それで良ければ」といっていたんです。が、場所と時間から考えて、ほんの30分くらいしかいられない計算になってしまい、これじゃ~いくらなんでも出席した意味がないだろうと思って、講座は休講にさせてもらいました。

 そんな訳で、出席するまでは嫌という訳じゃないけれども、何かウキウキして出掛けたという程でもなかったんですよ。実をいうと・・・。

 けれども、結論からいって、本当に出席させてもらって良かったですよ。

 本当にいい結婚式でした。Oさん。二人で頑張って幸せな家庭を築いてください!


 また、会場では合気道のS先生とも同じテーブルでしたが、いろいろとお喋りして楽しく過ごせました。

 帰りは新宿駅まで御一緒したんですが、駅の乗り換えの時に階段を二段とばしに軽快に駆け上がっていく還暦越えたS先生の身ごなしには舌を巻きましたよ。あたしゃ、縮地法使わないと追いつけなかったですよ。恐るべし・・・合気道!

 それに、合気道理論と剣の理合についてS先生と意見交換していて、我が意を得たりの感触がありました。ここのところ考えていたことが間違っているかどうかを確認したかったんですよね。専門家の先生の御意見を聞けるのは勉強になります。

 こういう話をまともにできる先生は滅多にいないんですよ。残念ながら・・・。

 それにしても、私の唯一自慢できる点は、本当に人の縁には恵まれているな~ってことです。Oさんのお陰でS先生と縁ができたし、何げない一言に救われることってあるじゃないですか?

 人の縁は財産です。Oさんも可愛らしい奥さんと出会って本当に良かったね~。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索