コンテントヘッダー

四月セミナー『スリ足ステップワーク』

 四月の武術セミナーは、遊心流オリジナルともいえるスリ足歩法によるステップワークを指導します。

 これは、厳密にいうと縮地法の応用編ともいえる内容なんですが、ボクシングやテコンドーなどのフットワークと違って、スリ足で動く点に特徴があり、骨盤の動きを先導させて、それに足がついていく・・・という感覚なので、地面を蹴って推進力を得るのではなく、あくまでも体内の重心を先に動かすことで体移動していくものです。

 普通、歩法というと、足の踏み方といった手順の形式に拘って指導される場合がほとんどだと思うんですが、“骨盤の動きを先導させる”という点が最重要なので、極論すると足の踏み方は必ずしも同じにやる必要はありません。

 無論、基本的な体捌きの原理原則については指導しますけれど、それも、真っすぐ入るかジグザグに動くか円周で回るか・・・といったやり方の違いに拘る必要はありません。

 難しいといえば難しいけれども、簡単といえば簡単です。

 そして、このステップワークは、攻撃技と防御技を融合させたものであり、戦略的な戦闘理論の要になっています。

 ちょっと、抽象的な説明で恐縮なんですけれど、恐らく、何らかの武道をやっている人は、「あっ、この動きはこういう意味があったのか?」という発見をされるのではないかと思っています。

 そして、この、ほんのちょっとの秘訣によって、それまで「こんな技が使えるのかな~?」と思っていた技が劇的に使えるようになったりする。そういう感動を味わっていただきたいと思っております。

 余談ですが、新刊本を新体道の青木先生にお贈りしたところ、「私はいつも贈ってもらった本をなかなか読めないでいるんですけど、長野さんの本は読みやすいから一晩で読んでいますよ」と、早々に感想をお話しくださいました。

 青木先生は基本的に人の悪いところを責めない方ですから、恐らく、私の本を読んで問題だと思った箇所については敢えてスルーされて、良いと思うところだけ評価していただいているんだと思いますが、でも、やっぱり、人間、誉められた方が嬉しいですからね。

 武道・武術をやっている人間は本質的に普通の人より戦闘的な性格ですし、戦って勝つために敵の弱点を探るのが職業病みたいなものですから、批判眼も厳しいものです。

 だから、仲間内の雑談では他流批判の話一辺倒になりがちです。

 それだからこそ、「他流の批判は一切やってはならない」という道場訓も昔からいわれているのです。そうしなければ流派間のケンカに発展しかねず、血で血を洗う闘争劇になりかねないからです。

 でも、表向きお世辞ばっかりいいながら、裏では口汚く罵ったり小馬鹿にしているのは、人間として尊敬できないでしょう。

 私は、武道の世界のそういう薄っぺらな礼節が虫酸が走るくらい嫌いです。

 だって、信用できないでしょう? 本音を隠して付き合う人間って・・・。

 綺麗事の倫理観なんか掲げず、むしろ、面と向かって「君のそこが間違っている」と指摘してくれる人こそ信用できる人間で、そういう厳しい意見にこそ耳を傾けなければならない価値があると思います。

 やっぱり、人間は厳しいことを言う時ほど、本気で相手に向き合っているものです。

 厳しいことを言われれば、誰でも腹が立ったりガッカリしたりするものですが、それだけで終わっていたら単なる過保護のガキですよね。

 人間は、悪口の中にこそ本音が隠れているものです。マアマアナアナアの馴れ合いから学ぶものはないですよ。

 今回の新刊本『武道に伝える武術の教え』は、そういう意味で、武道武術業界のカンフル剤になるものを書こうと思ったものです。斯界の発展のためには、誰かが意見を出していかなければならないと考えたからです。

 親しい人からは、概ね、「こんなこと書いちゃって大丈夫ですか?」と真顔で心配されていますけれど、それは意図的に戦略として書いたものなので、別に私の頭がハッチャケてしまっている訳ではありません。

 普通に週刊誌を読むつもりで読めば、別におかしなことを書いているのでないことは自覚されるでしょう。ただ、武道の世界ではタブー視されて誰も指摘しなかっただけです。

 要するに、武道の世界がヘンなんですよ。おかしいことを誰も批判しないんだから、誰も彼もが「それはおかしいよ」という捏造話や妄想話を平気のへいざで公に発表してきているんですから、自浄作用が0の業界です。

 有名武道家の名前を実名で批判しているのも、武道ジャーナリズムの立場から書いたものです。普通の武道家、武術家を自認している人達には決して書けないでしょう。

 つまり、「これは俺にしか書けない。俺が書かなければ絶対にこの業界は変わっていかない」という使命感もあったのです。

 青木先生は、恐らく、そこまで読んでいたので敢えて私の暴走っぷりには何も言われなかったのでしょう。いや、「この人はこういうキャラだから、言っても止めないし」と思われたのかな~?とも思いますけれど・・・。

 でもね。私も批判対象としてもらって結構ですけれど、武道・武術の業界が建設的に発展していくためにも、タブーを取り払って「それはおかしいんじゃない?」ということをきちんと言える業界にしなきゃいけないと思いますよ。

 誰も彼もが言えば言いっぱなし・・・まっとうな論議がされない業界は腐るだけです。

 だから、今回の本は“内部告発の本”だと思ってもらえたら有り難いですね。私が批判している人達だって、基本、立ち直って欲しいから批判しているんですよ。「あ~、この人はここを直せばいいのにな~」と思う人しか批判しないですよ。

 何でか? とりあえず武道、武術の世界の代表者みたいに世間的に名前が知られている人達には、世間に誤解を広めるような真似はしてもらいたくないんですよ。そんだけ。

 でもね~、こんな私の気持ちはなかなか理解してくれる人いないんだよね~。みずがめ座って宿命的に人から誤解されちゃう運命なんだよね~・・・しゃ~ないな~。

 まあ、いつ襲撃されてもおかしくない、こんな私が命かけて書いた冥府魔道の新刊本『武道に伝える武術の教え』、みんな、買ってね~(決死の宣伝だ!)。

 むっ、そういえば・・・余談の方が長くなってね?

追伸;また、『死ぬかと思った』シリーズ向けの体験談が増えるかも~?(アスペクト刊『死ぬかと思った1』マンガ版も好評発売中です。夜露死苦!)

追伸2;お花見、一週間延ばしてスマンです! だって、相模原のサクラ、まだ一分咲きくらいでシャレにならんのですよぉ~。お詫びの印に、当日の参加者には必殺デッチアゲ酔拳を伝授!(ホントか?)
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索