コンテントヘッダー

陰謀説が流行るのも陰謀か?

 最近、何だか秘密結社の世界支配戦略の陰謀という説が普及してきていますね。

「新型インフルエンザはイルミナティの陰謀だ」といった話ですよ。

 こういう陰謀説って、都市伝説ブームの時も言われてきましたが、『ダヴィンチ・コード』や『天使と悪魔』で最高潮に達してきている印象があります。

 秘密結社の陰謀説を私が初めて知ったのは、学生時代でした。

『ムー』とか愛読していた頃ですね。

 その後、オウム事件があったり、9.11事件があったりしましたが、肝心要のノストラダムスの大予言は外れたし、今は2012年の世界の終末論が騒がれていますけどね。

 ベンジャミン・フルフォードさんの四川大地震の地震兵器説や、鳥インフルエンザの生物兵器説みたいな話も、荒唐無稽過ぎてオイオイって感じなんですが、世界の歴史が秘密結社によって作られているという陰謀説は、胡散臭くも魅惑的な感じもします。

 そういえば、私もフリーメイソンのメンバーだとか何だとかネットで書かれたことがありましたけど、こういう陰謀説に捕らわれている人って、結局、「世の中に認められないオレ」みたいなルサンチマンを抱えているヒガミ屋さんだったりすると思うんですよ。

 そういう意味で、陰謀説にしがみつく人達は、自分の人生に本気で向き合わずに、「誰かがどこかで世界を操っている。だから、オレは自由に生きていけないんだ」みたいな理由付けしていたいんじゃないのかな~?

 秘密結社は大小さまざまあるのが事実だと思います。

 けれども、自分の人生は自分で管理しなきゃダメでしょう。管理できない怠慢を誰かに責任押し付ける訳にはいかないでしょう?

 誰かに人生預けてしまって、幸せな未来に連れていって欲しいと願い、「オラと一緒にパライソさ行くだぁ~!」と、“いんへるの”に落とされたら目も当てられない・・・。

 死ぬも生きるも我が人生。一片の悔いなく生きて死ぬのが最高の幸せってもんじゃないんですかね~?

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索