コンテントヘッダー

相模原本部道場、道場生大募集中どす・・・

 寒いし雨降ってるしで、「何か、今日は集まりが悪いような気がするな~」と思っていたら、案の定、本部道場の稽古に来たのが師範だけ・・・。

 今のところ、大赤字です。

 平日の夜だと遠方の会員さんは来るのが大変なんですよね。それで都内の稽古会も始めることにしたんですが、地元の会員さんも、もっと集めないと意味ない。

 師範代が仕事の都合で三月は来れないんですが、彼が来れないと不思議なことに他の会員さんも来れなくなるケースが多いんですよね。

 まあ、せっかくだから、ここは師範をマンツーマンで特訓することにしましたよ。

 拳法体術は問題ないから、居合と剣術、それに槍術を指導しました。

 まず、居合。

 これは右腰に差して左手で抜く練習をやらせました。慣れない左手だと途端に難しくなりますが、これは右脳開発と左右半身の切り返し操作の訓練になります。

 また、続いて特殊な抜刀斬りの練習法も指導しました。

 鞘ごと抜いて使うトリッキーな技を数本教えました。

 そして、刀を差した状態で“刀がブレないように歩く”スリ足歩行の練習。

 これは、時代劇なんか見ていても、できる人はまずいません。歩くたびに刀が左右にブランブラン揺れ動く・・・。

 これでは、動きながら刀を抜こうとした時に柄を掴みそこなってしまったりするでしょう。つまり、咄嗟に抜けない。

 近衛十四郎は、歩いている時に懐手にした左手の肘で刀の柄を抑えていたりしましたが、稽古のために日常的に着物を着て刀を差していたという近衛十四郎でさえ、刀の揺れを抑えて歩くのは難しかったという訳です。

 歩行の際の刀のブレは、ハラで抑えて骨盤を振らないようにスリ足で歩くことで防ぐことができます。

 そして、この歩行ができるようになったら、縮地法で近づきながら一挙動で刀を抜いて、突き、真っ向斬りにする鐘捲流の暗殺秘剣もできます。

 それから、対剣道、対古流剣術の居合の変化技と剣術の“続飯付け”“橋掛かり”のやり方を徹底指導しました。

 何のためかというと、カチコミしてきた他流の人間に敗れないために、徹底的に他流の技と戦闘法の盲点を突く“破法”を教えた訳です。

 うちで稽古する独己九剣は、無刀取りや体術、その他の武器術に応用が利くように考案したというのは以前に書いていますが、実はもう一つ、重要な要素があって、「他流儀の技を破る破法になっている」という次第です。

 新刊本でもちょこっと書いていますが、私はいろんな流儀の長所は採り入れていますが、同時に短所を研究して、実際にその流儀と戦う場合はどうやれば破ることができるか?ということを研究してきています。

 かつてグレーシー柔術がアルティメット大会で無類の強さを発揮したのも、他流の技をいかにして破るか?というのを徹底的に研究していたからでしょう?

 格闘技をやっている人は納得されるかと思いますが、多くの武道・武術の愛好家は、こういう研究はしないどころか発想そのものが無いみたいです。

 しかし、まったくの素人が、割りと簡単に実戦武術の弱点に気づいてしまう場合があります。

 専門にやっている人間は、「素人が勘違いしているのだ」と歯牙にもかけないものですが、事実として素人が気づいた弱点がそのまま真相をついている場合があるのです。

 拳法やボクシングは、組みつかれると技が使えなくなる。柔道家は殴られると掴めなくなる。剣道家は竹刀を投げ付けたり組み討ちされると困る・・・etc

 やっぱり、ジャンルが違ったらいきなり戦えなくなるというのは武術として問題アリでしょう?

 游心流の会員には武芸百般、何でもできる達人になってもらいたいのです。

 そういう意味で理想の武術家というと・・・ゴルゴ13かな?


 最後に、槍術は、ラン・ナー・チャーを教えました。六合大槍の基本ですな。というか、槍術全般の基本ですな。

 そして、槍で剣を抑えて突く技と、逆に剣で槍を抑えて間合を潰すやり方・・・等を指導しました。

 この辺りの術理は素手の場合の差し手と同じことなんですね。だからこそ、武器術と体術が連環して上達していける訳です。

 もっとも、こういう武器の練習は、ここでしかできないからな~・・・。



※※※ 事務担当ご連絡 ※※※

● 相模原本部道場稽古会(日曜稽古会・セミナー・シダックスカルチャー講座とは別です) 

場所:MAPLE1990内 メイプルホール(Maple Hall メイプルビルB1F  〒229-0037 神奈川県相模原市千代田2-2-15 TEL042-751-5011)
アクセス:JR横浜線 相模原駅より バス停『学院前』下車1~2分 

時間:隔週木曜〔第一・第三(・第五)木曜〕19:00~21:00

指導料:一般会員 2,000円 (高校生以下会員 500円)

※基本的に見学不可。
広い屋内ですので、武器術の稽古も沢山やる予定です!

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索