FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ホンの感想

 続けて二冊出て、何か景気がいいな~と思ってますけど、頑張った甲斐があったからか、売れ行きがいいという話を聞いてホッとしております。

 今回、アスペクトさんは伝家の宝刀を抜いてしまった・・・という多少の後悔もあるんですが、“読み”の中でも一般向けに役立つような内容にしようと知恵を絞って書いたので、武術からは少し脱線したかな~?という気もしています。

 でも、武術に特化した内容だと、もう一般の人には何が何だかチンプンカンプンになってしまうでしょう。

 うちの会員さんでも、「細か過ぎて覚えられない」と苦情を言うくらいですから、本格的に武術の勝負論上の読み(構えから戦法を読むとか、得意技にこそ最大の弱点が潜んでいるとか)について書いたら、もう、ほとんどの人が解らない内容になってしまうでしょうから、この辺りが妥当なところかな~?と思います。


 一方で、ちくま新書さんの方は、コテコテの武術入門書として書いたつもりなんですが、読み直してみると意外と一般向けになっているな~という感じがします。

 また、努めてギャグを書かないように注意したつもりだったんですが、普通の新書の本と比べると、相当、ギャグ走ってる?感じがしますね。

「こう見えても、オラは学会誌にも寄稿したくらいだから真面目な文章も書けるんだぞ~!」と思っていたんですが、やっぱ、ダメっすね~。無意識にショーモナイこと書いてしまうんですね~。

「また、つまらぬギャグを書いてしまった・・・」


 で、早速、お世話になっている先生とか何冊かお贈りしたんですが、青木先生から早々にお電話を頂戴しまして、感想をお聞きしました。

「長野さんは本当に正直だね~」と。

 で、50分近くお話したんですけど、青木先生も本当に正直な方なんですよね~。

 何が正直かというと、“自分の都合の悪いことでも平然と喋れる”ということ。

 武道や武術をやっている人は、これが一番、苦手なんですよね。虚栄心が強過ぎて都合のいいことしか話さないし、都合の悪いことは全部他人の責任にしたり、時には捏造して話したりする。そんな人ばっかりですよ。

 劣等感が強い人は自分を守ろうとする意識が強いから、自分の本音をさらけ出すというのができないんですよ。独善的で一方的に他人が悪いと思い込んで非難することで自分を守ろうとしている・・・ビョーキですな。

 しかも、面と向かって文句言えないんですよ。論理的にも実力的にも勝てないと思ってるから逃げてる。陰口とかネット掲示板に匿名で書き込むとか、せいぜい手紙で文句つけたりするだけ。会って話そうとすると逃げ回る臆病な卑劣漢・・・そんなゴミ連中に人間としての誇りや克己心はありませんよ。

 だけど、コンプレックスだけは人一倍強いから、武術に現実逃避してしまう訳ですね。

 だから、何か暗いんですよね~。卑屈でジメッとした人間が武術やっている人には非常に多いです。

 しかめっ面して苦しそうに練習すれば上達するってもんでもなかろうに・・・どうも、必死で頑張ってる俺・・・という図に酔ってる人ばっかりですね~。

 だから、上達しないんですよ。

 もっと、練習は楽しんでやらなきゃダメですよ。理合がわかれば、こんな面白いものはないんだから・・・。

 武術はこんなに面白いのに、なんで、あんなにつまらない無味乾燥な教え方をするのかな~?と疑問に思うんですね。

 この面白さを理解すると、もう、ゲームだとか他のスポーツだとかやる気がしなくなると思うんですけど、知らない人達は可哀想だな~と思います・・・。


 そうかと思えば、躾道館の小林直樹先生からも感想の電話を頂戴しました。恐らく、出会って以来、初めて、ちゃんと誉めてもらいましたよ。

 とにかく、小林先生は他人を認めるということはまずありません。批判はしないけれども本音の部分ではまず認めていないですね。勝負師としての厳しさを師伝されて忠実に守って修行されてきたからだと思います。

「俺は駄物は嫌いなんだ」と言われていましたが、フェイクのやつとか口先だけのやつとかを嫌われているんだと思います。

「って~ことは、俺も今まではそういう類いの人間だと見下されてたんだろうな~?」って、邪推しちゃうんですけど、まあ、見直してくれたんだったら、別にいっかぁ~。


 その電話の時に「先生も、いい加減にDVD出してくださいよ。ずぅ~っと、クエストさん待ってるんですから・・・」と、(また断るんだろうな~?)と期待しないで言ってみたら、「よし、こうなったら、俺もやるぞ」と言われたので、(はっ? 今、何と言いました?)と思って、確認しちゃいましたよ。

 いや~、十年かかって、やっとその気になってくれましたか~・・・。何か、今年は剣武天真流のDVDも出るし、これで小林先生の超神速歩法が映像化されたら、日本の武術シーンから、一気にフェイクが一掃されるだろうな~。

 これで私も武術家の真似事みたいなことしないで研究と指導に徹することができます。


追伸;ホームページの方で、年末年始に書いた中編の小説をアップしてもらいます。以前、書いた猫又侍の異伝というか、新耳袋風の奇談としてリニューアルして書いてみました。『日本昔話』にもなったことのある熊本県の妖怪伝説を元ネタにした作品です。読んでやってくださいませ。携帯小説は挫折しちゃったんで、これからはホームページの方でボチボチ発表していこうかと思ってます。漫画やアニメやドラマや映画の原案とかにでもなったらいいな~と思ってます。あっ、盗作したら、訴えちゃいますよぉ~(っ~か、俺も伝説をパクッてるけど)。それから、私の本から参照したいプロの作家の方は事前に挨拶してくださるか、参照しましたって書いてくださったら、別にお金ちょーだいとは申しませんから宜しくお願いしますね。こっちも宣伝になりますから有り難いだけですから。ただ、明らかに私の考えた理論とかを無断で使われるのは、著作権侵害に相当してしまうので、御注意くださいね。私は、どうぞどうぞ・・・って感じなんですが、出版社側から告発される場合がありますので・・・。私もうっかりして事前連絡無しである出版社の本の図版をビデオで使って参考資料としてクレジットタイトルには書いて、その出版社にも「失礼しました」ってお贈りしたんですが、後から「こんな失礼なやり方があるかっ!」って、凄い怒られて、大慌てで謝りに行ったりしたことあります。作家の方は注意して、苦労して描いた作品にケチがつかないよう、御賢察くださいね。

追伸2;4月6日の火曜日夜より游心流東京支部同好会の活動を始めます。初日は私も顔出して軽く打ち上げやります。詳細はブログ・トップをご覧ください。

追伸3;教材用DVD上級編、もう仮編集が終わりました(早いっ)。この分だと3月中旬には発売できそうな感じです。これは私の武術研究成果のエッセンスを注ぎ込んだ内容ですから、安売りはできませんので、悪しからず御了解ください。やっぱり、悪用されたらマズイし、本気で学びたい人だけを選ぶためにも、高い値段にするのも致し方がありません。もっと安くしていっぱい売れた方が収益にはなるでしょうけど、価値の解らない人達には見てもらいたくないんですよね。

追伸4;相模原本部道場(メイプルホール)へのJR横浜線相模原駅からのバスの乗り場は“6番乗り場”で、“上溝駅行き”に乗り、「高校前」で降りる方がバスの本数も増えて良いようです。上溝駅行きは、市役所経由と横山団地経由があり、市役所経由だと「学院前」も近いのですが、「高校前」だと両方のバスが停車しますから、こちらをお勧めします。メイプルビル2Fには喫茶店もありますので、遠方から来られる方は早めに来て喫茶店でゆったりしてから練習に参加してもらうのもいいと思います。足腰を鍛えるには駅から25分、徒歩でくるのもいいと思います。距離的には相模線の上溝駅からだと徒歩で15分くらいです。車やバイクの方は駐車場もあります。

(本日の執筆中のBGMは、MINMIの『四季ノ唄』。『侍チャンプルー』のエンディング曲です)


関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。