FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

4月セミナー感想

 今年は春の桜も天候不順で咲くのが遅れたせいか、4月の月例セミナーの日も、まだ七割から八割の花が残った桜があちこちに咲いていて、京王相模原線沿線で随分と楽しめました。

 そして、今年も四回目となって早くも、セミナー受講生の中から驚くべき変化が現れてきました。

 この日のテーマは“スリ足のステップワーク”。

 三月の“丹田歩法と縮地法”の実用編というべき内容です。

 ステップワークというのは、「運足によって相手の攻撃を躱すと同時に有利に技をかけるための死角にポジショニング(位置取り)する」と解釈してもらってもいいでしょう。

 実際には別に難しいことではありませんが、相手の攻撃してくるタイミングに合わせて動くのが難しい訳です。

 だから、先の読みができなければ成功するのは覚束無いでしょう。

 また、差し手・体捌き・攻防一体の技といったものも体得していないと武術的実用は難しいものです。

 どうも、何か絶対的に万能な一つのやり方さえ体得すれば良いのだと考える人が武術愛好家には多いのですが、そういう不合理な考え方に依頼するのは幼稚なロマンチシズムにしかなりません。

 どんな強力な打撃技も当てられなければ意味がありませんし、当てるためには相手の攻撃をかいくぐって近づかなければなりません。人間はサンドバッグみたいに黙って打たれてはくれません。相手の突き蹴りや投げ関節技を無効化できなければ勝つことは覚束無いのです。

 しかし、相手の攻撃を受けずに安全に近づくことも不可能とは言えません。

 一つの方法は、「相手が攻撃を出せないようにする」ということ。これはいくつかの方法がありますが、その最も有効な方法の一つが“歩法”なのです。

 これは昨年のセミナーでも指導しましたが、歩法は単に早く動いたり相手との距離を詰めるためだけのものではありません。

 武術に於ける歩法は、もっとタクティカルなものですし、具体的な攻撃技をも秘めています。

 だから、ステップ“ワーク”としているのです。

 今回は、昨年から一歩進めて、太気拳の構えや形意拳の構えを用いた戦術的な歩法の使い方を指導してみましたが、無論、これは流派の別とは関係なく普遍的に応用できるものとして游心流独自にシステム化しています。

 その要点となるのは、スリ足で動くことであり、スリ足の意義は、「居着かないで動き続ける」ということです。

「居着かない」とはどういうことか?

 これも言葉そのものは知られるようになっていますが、その意味を正確に理解して使っている人は極めて少ないようです。

 私の解釈は、「体内の重心が固定せずに攻防の間の中で常に流動し続けていること」です。

 これは単純な“浮き身”のことではありません。必ずしも重心を浮かすことを意味しません。単純に重心を浮かせば武術の攻防では極めて無防備になってしまいます。

 甲野氏が実際にまともに立ち合うと驚くべきひ弱さを露呈して惨敗し続けてしまう理由の一つもコレです。

 彼は“浮き身”で相手の攻撃を躱して素早く密着して“沈身”のエネルギーを用いて相手を潰すことを得意にしていますが、相手が技を受けてくれる前提(これが状況設定のカラクリ)ならできても、同時に相手が動いて攻撃してくる立ち合いになれば、“浮き身”で待っていては“沈身”へ移る余裕がないままフッ飛ばされてしまうのがオチです。

 つまり、先を取って制圧する武術の攻防は、先を取ったと同時に制圧できねば実用性は望めません。そのためには受けて攻撃するのでは間に合わないのです。

 無門會の受即攻の理論は、何も特別なことではなくて本来の武術がそういうものだったのです。スポーツとして発展した現代の競技武道で理合が失われて不明になってしまっているだけの話です。

 論を戻せば、“浮き身”のやり方の中には、「重心を沈めながら流す」やり方もあるのですが、これは体内の重心移動を自在に操作できることが前提です。

 要は、体内の重心をわずかでも流し続けること。固着させないことが肝心です。

 これが、“静中の動”です。

 一方、“動中の静”とは何か?

 これは、激しく動いている時でも体内の重心の流れを制御し続け、緩急自在に動くスピードをコントロールすることを意味します。

 どちらの場合も、要点になるのは、“重心のバランス”を保持するということです。

 武術の攻防は、記号論的に解釈すれば、「重心の奪い合い」となります。発勁や合気、縮地法、剣の斬り・・・これらの技のテクニカルな本質も重心操作にあります。

 筋肉の収縮によって発生する“力”を作用させることが技だと解釈している限り、このメカニズムは理解できません。このような力はタメが必要であり、力をタメるのに僅かでも居着かねばならなくなります。

 この身体運動の法則からすれば重心移動によって威力を生み出すやり方は不可解だからこそ、“気のパワー”といった抽象的な概念を当てはめて解釈してしまいがち。

 これは21世紀になった今だに武術の世界で主流となっているのですが、これでは技術の伝承が感覚のみに頼りがちとなってしまい、カルト宗教的組織構築の組織論的なキイワードになってしまっているようです。

 さて、歩法に関しても別問題ではありません。その原動力は重心移動によらねばなりません。よって、歩法といっても脚力によるのではありません。

 重心移動が先で、それに後から足がついてくる・・・そんな感じで動きます。

 スリ足は地面を蹴ってエネルギーを生み出しません。これは体内の重心移動を制御するのに適した歩法なのです。

 埼玉県大宮市の振武舘一門では“無足の法”と呼ぶ運足法が伝えられていますが、古来、“無足人”という言葉が仕事を持たないアウトロー的侮蔑の意味を持っていたことを考えれば、武家の作法として“無足”という言葉を用いるのは不自然だろう?と私は考えました。

 が、この種の歩法を研究していて、この“無足の法”という言葉が、「そのまま文字通り、足で地面を蹴って移動する歩法を否定した重心移動に先導される体移動の歩法」であるという理解を得ました。

 游心流では、この種の歩法を総称的に編成して「蛟龍歩」とネーミングしていますが、流派を問わずスリ足を主体とした武術的歩法を研究した結果なのです。

 中国武術では陰陽(虚実)の文化が背景にあるためか、あるいは生活習慣として靴を履いて歩くからか、スリ足を用いず、虚実分明を旨として一足一足に完全に体重を乗せきって体移動していきますが、これは厳密に言えば、動いている最中に連続的に“居着き”を生じさせていることになります。

 私はどうも、これが気になってしまい、虚実分明ではなくて、虚実を明確に分けない歩法に作り替えてしまいました。つまり、変化の切れ目が判らないようにしたのです。

 これは、技の複合機能性を生み出しました。一打多撃の連環変化技法を作ったのです。

 歩法に関しても、これは原理的に同じで、体移動・位置取りのみならず、蹴り・崩し・足払い・踏み抑え等の攻撃技も含んでいます。よって、ステップ“ワーク”なのです。

 今回のセミナーでは、最後に、蛟龍歩の用法を実演解説しましたが、正直、これは私が5~6年かかって苦心して纏めあげたもので、これまで何百人も教えてきた中でも3~4人しかできるようになりませんでした。それほど難しい技法です。

 教えたからといって、おいそれとできるようにはならないので、無論、セミナーで教えたからといってできるようになる訳がないと思っていたのです。

 ところが、今回、実演解説してやらせてみたら、2人くらい、かなりいい感じにやっていたので、「これは、もうちょっとでできるかもしれない」と思って、歩法の時の細かいコツも教えました。

 そうしたら、3人くらい、七割方、できるようになってしまったのです。

 要点としては、この歩法ができると、「足が勝手に動く」という現象が現れます。脚力で動くのではなく、重心移動が先にあるので、脚が体重を支えることから解放され、その瞬間に骨盤の動きに先導されて脚をババババッと高速で動かすことができる。

 この時に震脚を用いれば、重い発勁を連発しながらかなり早く動くことも可能になります(ちょっと身体に負担がかかってしまいますが)。

 この歩法のオリジナルは、躾道館の小林直樹先生の技でしたが、お弟子さんでもほとんどできなかったくらいで、私もそれなりに真似できるようになるのに数年の研究と試行錯誤を要したものでした。これまで研究した中でも最も難しい技法で、正直、始めて一年くらいは「これは無理かな~?」と諦めかかったものでした。

 それだけ難しいことができるようになったので、流派を名乗ったという特別な技です。

 しかし、私はそれなりの稽古システムを考案したので、少ないながらも何人かはできるように指導してこれました。

 北島師範はやればできるのが解っていましたが、矢嶋師範代がこの歩法をほぼ体得してしまったのには、正直、驚かされました。

 これさえできれば、どれだけ体格差があってもスピードで翻弄して攻め崩すことが可能になります。游心流の切り札として温存してきた時期もあり、読みと合気を併用すれば、一瞬に相手の死角に潜り込めるし、発勁を連発しながら歩法で動き回れば相手に反撃させずに倒すことができるようになるでしょう。

 入会して3年、正直、筋が良い訳でもなかった彼が、ここまで体得してしまったのは努力と研鑽の賜物です。弟子が育つということが、こんなに感動的なことだったとは自分でも意外でした。

 だから、私も今日はすこぶる機嫌良く帰りました。

 今年一杯で、セミナー受講生の皆さんがどこまで進化していけるのか、もう私にも予測不可能になってしまいました。

 もっとも、おめおめと追い越させてなるものか・・・という気持ちも、今、これを書いていてフツフツとわいてくるのですから、武術というのは業が深いな~と思いますね。

 後は、個々の技のレベルを高めていくだけ・・・目指すは天下無双の達人養成塾です。




関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。