コンテントヘッダー

岡本真夜は立派だ・・・

 上海万博のPRソングの盗作騒ぎで、岡本真夜さんが、いきなりクローズアップされましたが、イケシャアシャアと「楽曲使用の許可をください」と申し込んでくるのも凄いツラの皮の厚さだと思いましたが・・・。

 でも、何と! 岡本真夜さんは、あっさりとOKして、しかも「光栄です」とまでコメントを返す・・・という、この世知辛くギスギスした世相の中で、何とも太っ腹な、何とも清々しい大人の対応を見せてくれて、ここ最近、これほど人間の器量の大きさを見せてくれた人はいなかったんじゃないでしょうか?

 何か、私は、自分の卑小でカミツキガメみたいな性格が恥ずかしくなってしまいましたぞよ・・・(って、恥ずかしさのあまり、語尾がヘンになっちゃったよ)。

 いや、もちろん、盗作はモラルに反するクリエイターとしての最低な行為なんですけれども、どこからどこまでを盗作とするのか?という点は難しい問題です。

 M本先生とM原の時だって、結局、盗作は認められなかったですよね。

・・・っつうか、M本先生、結構、訴えるの好きみたいなんですけど、それだったら韓国を訴えないとダメですよね~。ヤ~トや~ロックのモロパクリやってるんだから・・・。


 しかし、不肖、私も技なんか無数にパクりまくってますからね~。本読んでて面白いフレーズあったら平気でパクッてるしね~。

「ちっちゃいこと、ゴチャゴチャ言わんとえ~やん?」と思ってしまう性格なんでね。

 流石に人様の考えた理論とかはパクらないですけど、たまたま自分が考えた技が人様の本にも載っていたりするのを見たりすると、「これって俺の本とかDVDからパクッたのかな~?」なんて思うこともあります。

 でも、これもまた難しいところで、武術って、伝統的に「技を盗んで覚えるもの」というようなところがあるんですよ。

 私なんか、一回、観た技は原理から用法から返し技から応用技まで気ぃ狂ったように解析研究しまくりますからね。

 先日、上級編DVDを中国拳法の恩師に贈ったら、初めて誉めてくれましたけれど、このDVDは居合術がメインなんですよ。拳法じゃないんです。

 しかし、恩師は、自分が教えた理合を私が応用して居合術を工夫しているのが解ったんでしょうね。だから、そこを誉めてくれたんでしょう。

 剣も拳も、理合から探れば同じことなんです。武器が違っても戦闘理論が同じなら、それは観る人が観れば解るんですよ。

「先生に教わったことを応用して、こういうこともできるようになりました。すべて先生のお陰です」と御礼を言いました。

 岡本さんも、盗作されたであろう事実に目くじらたてるのではなくて、自分の作った曲が多くの人に認めてもらえることそのものを「光栄です」と感謝の気持ちで受け止められたんでしょう。

 この感謝する心の美しさを見せてくれた岡本真夜さんは、日本の良さを世界に広めてくれた恩人だと思いますね。

 見習いたいですね~。見習わなくっちゃな~・・・。


関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索