FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

5月は脱力の合気

 5月9日の月例セミナーは、「脱力技法による合気」がテーマです。

 考えてみると、私が、この業界で注目されるきっかけになったのが、「発勁と合気」という「達人しかできない」と言われる武術の極意とされる技を、「まったくの初心者にその場で体得させる」という秘伝のメカニズムを解明したという点にありました。

 発勁は23年前、合気は20年くらい前に基本的なことはできるようになりましたが、それから技術そのもののメカニズムを分析したり、実用技としてどう用いられるか?ということを試行錯誤を繰り返しながら研究していきました。

 普通、20年以上、何かの武道を続けるのって、そんなに多くの人はいないでしょう。

 それだけ続けていたら、たいていの道場で師範代くらいにはなっているでしょうね。

 つまり、まったくの初心者から専門家になれるくらいの期間だということです。

 しかし、だからといって、20年という年月が武術を修行する年月として充分な期間ということにはならないでしょう。

 20年より30年、30年より40年、40年より50年、50年より60年といった一生涯の大半を打ち込んでいってこそ、熟練した修行の年月になります。

 そして、50年60年続けてもまだ進歩していけるものが本当の武術だと私は思いますし、その年月を重ねることが“道”なんだと思います。

 合気の技は、死ぬ寸前になっても使える希有な武技です。

 徹底的に筋力を使わない。抜いて抜いて抜き切ってこそ真の威力が出てくる不思議な技です。

 知らない人は「気のパワー?」だと思い込むし、専門家も「電気」「電磁波」「愛」が正体なのだと、仮面ライダー・ストロンガーかレインボーマンか?という妙な結論を出してしまったりする奇怪な技です。

 普通の武道や格闘技では、とっくに引退している年齢のお爺ちゃんが、若い武道家をヒョイッとぶん投げたり、ズバァ~ンとふっ飛ばしたりするのだから、現象的に「神秘のエネルギーが働いておるのじゃぁ~」とスピリチュアルな解釈をされても致し方ないもの。

 でもね~、「そんな神秘のエネルギーで駆使する超能力武術だったら、どんなに練習したって誰もできないんでないの?」って話になりますよ。

 それで、せいぜい、「これは気の力で~すっ!」ってな具合にカルト宗教みたいになりかねないところが危険なんですね。

 実際、武道武術の業界には、自己啓発セミナーかカルト団体か、何がやりたいのかサッパリわからないアホンダラな流派や団体が、結構あります。

 気がど~したこ~したと言い出すと、すぐ、そういう発狂路線になっていったりするんですね。

 多分、原因は、武道武術やる人に真面目の度が過ぎる人が多いからだと思うんですよ。

 私みたいにオチャラケたひねくれた性格だと、物事を疑って見るから信者さんになりにくいんですね。

 だけど、疑ってかかるだけでもダメです。疑ってるだけだと自分が技を体得できないままです。

 ここが難しいところで、純粋に技術として徹底的に技の構造を解析していくような性格でないと、習うより慣れろ式だと、単に雰囲気に飲み込まれて自分も発狂してしまうだけになる訳ですよ。

 発狂しちゃった方が気持ちよくて楽しくて自己満足は得られるかもしれませんが、お金はどんどん吸い上げられるでしょうし、体得したつもりの技も実際は使いものにならないでしょう。だって、カルトなんだから・・・。

 重要なのは、「和して同ぜず!」という精神ですね。調和はするけど自分は保つ・・・という態度がよろしいのではないでしょうか?

 もっとも、本当の極意となると自分も捨てないとダメなんだと思うんですけど、そんなのは誰もがやる必要はありません。

 真の修行をやろうとする人間は、出家したり山に籠もったりして日常生活は捨ててしまうものでしょう? 武道武術を極めたいと思う人間は、修行マニアですから、ある種のキチガイには違いない。そんなの、真似しちゃダメですよ。

 だから、バランスが重要だと思いますよね。

 こういう風に考えるようになったのも、達人しかできないと思っていた合気の技が、ある程度自分でできるようになってくると、「おんや~? これって、誰でもできるんじゃね~の~?」って具合に思えてきたからでしょうかね?

 神秘だと思っていたことが、明確に理論的合理性がある結果だと認識が変わってくるとどうなるのか?

「技術は教えれば伝わる」という認識に変わるんですよ。

 そう考えて教えるようになったのは、十数年前からですね~。

 嫌がらせ、ひどかったですね~。

「長野がやってるのはインチキだ。本物はあんなものじゃない!」とか言うマニアが多かったですね~。

 だけど、「これが本物だ!」って見せてくれた人はいなかったな~? いや、いたかな~? あ~、いたいた・・・。「合気揚げを見せてあげよう」って得意満面でやって見せるから、私、すぐ仕掛けを見破って(何度も何度もかけられたら、そりゃあバレるよ。一回でやめときゃ~いいのにね。おバカさんだね~)、かからなくしたら・・・急にかからなくなったから油汗垂らして目がマジになっていたキムタツ先生とか?

 私、さんざん悪口書いてるから、文句言ってくるかな~?と思ってるんですけど、全然、来ないですね~。また、私に合気がかからなかったりしたら、面目丸潰れだからね~。

 まあ、キムタツ先生も、「あの頃は私もまだ合気が完成していなかった」とかほざくんでしょうね~? でも、だからといって、「じゃあ、やってみましょうか?」って話になったら、最も危険があぶないですからね~。

 もう一回やって私に合気かけられなかったら、哀気の達人?になっちゃうもんね~。だって、私は「ダメだこりゃ~」ってイカリヤチョースケみたいに本で書いちゃうからね。

 我ながら性格ワルイな~って思うんですけど、自惚れた人を見るとイジメたくてイジメたくてウズウズしちゃうもんですからね~。

 だけど、私は真摯に探究してきた人に対しては尊敬するんですよ。愚直に地道に稽古を重ねてきて、他流を侮ったり蔑んだりしない人も沢山いらっしゃいますよね。

 そういう人達の向上に役立てるなら研究家として本望ですよ。

 なので、真面目にやりたい人だけいらしてください。


関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。