コンテントヘッダー

普天間問題、どうなるか?

 田中泯さんのお弟子さんの石原志保さんからのメールでお知らせがあって、NHKの普天間問題を扱ったドキュメント番組を観ました。

 泯さんのドキュメンタリー番組とかで知り合われたディレクターの方がつくられた番組なのかな~?と思います。

・・・ところがですね~・・・私、忙しくて寝てなかったものですから、睡魔と戦いながら観ていて、集中して観れなくて内容がほとんど頭に入らなくって、ザンネンなことになっちゃいました。せっかく石原さんが知らせてくれたのに申し訳ないっス。

 再放送を期待して待とうと思っております・・・。


 さて、でも、普天間問題について、私もちょっと考えてみます。

 まず、沖縄の米軍基地問題というのは、私自身は、実質的に日本はアメリカの属国なんだと思っていますから、日本がちゃんと独立した一国とならない限り、場所を変えて延々と続く問題だと思うんですね。

 だから、鳩山政権は日本の本当の独立を目指すくらいの気概と戦略を持たないで、あれこれと泥縄で対応しようとしても結果に繋がらないのは最初から判っていたことですよ。

 でも、それとは別に、“沖縄”は、果たして日本の一県であるべきなんでしょうか?

 地理的に見ると、九州本土より、台湾の方が遥かに近いんですよね。

 元々の文化圏としては中国に近い訳だし、琉球王朝に支えられた王国だったんでしょうから、薩摩藩に支配されて以降、日本の支配下に甘んじてきただけなんじゃないでしょうか?

 それが、ウチナンチューとヤマトンチューという言葉に残っているし、戦後、アメリカに支配され、日本に返還されてからも真の意味での“琉球国”に戻った訳ではないし、現に、普天間基地の問題には人身御供に出されたようなイメージがある訳です。

 ウルトラセブンの中に出てくる地球の先住民族ノンマルトをウルトラ警備隊が全滅させてしまう問題作は、実は支配され隷従させられてきた琉球の民の怨念を描いた作品として知られています。

 当時の円谷プロの脚本家であった金城哲夫と上原正三は沖縄出身でした。

 彼らの作品には、どこか隷従させられた者の怒りと怨嗟を感じさせるものが多くあります。それはもう、子供向けの特撮番組とは思えない社会的メッセージを含んでいました。

 大国の驕りと支配される小国の哀しみ・・・そこにはリアルな差別の問題が横たわっています。

 結局、普天間基地の問題には、アメリカに支配されている日本が、沖縄を人身御供にし続けるのか否か?という論理が横たわっている訳で、そういう観点からすれば鳩山首相は懸命に頑張って抵抗している訳ではあります。

 が、アメリカと中国のパワーバランスの戦略上の問題であるため、人道的なヒューマニズムの論理は消し飛んでしまうことでしょう。

 思想・理念・イデオロギー・・・私は、これらに価値を求めるのは無理があると思っています。これらは価値観を共有しルールを護ろうとする共同体の中でしか機能し得ないと思うからです。

 そして、世界は様々な価値観を持つ人・民族・国家が林立して共存している訳です。

 対立する価値観を持つ者同士は共生するのは難しいでしょう。

 だから、価値観は違うのが当然と弁えて、互いの価値観を尊重して犯さないようにしなければなりません。それでしか共生していくことはできない。

 しかし、人間は本能として他者を支配したがり支配されたがるのです。

 よって、力のある者は力のない者を暴力的に支配しようとする・・・この宿業的な本能をコントロールしない限り、友愛の精神は現実化することはないでしょう。

 琉球の“手”は、力のない者が支配者への抵抗の手段として密かに育んできた典型的な武術の原点の一例です。

“手”を伝承するウチナンチューの“武士”が、ヤマトンチューの空手愛好家に教えたがらないのも当然のことなのです。

 武術というものは社会的なものではありません。純粋に個人の防衛術であり、力のない弱い人間が理不尽な暴力で支配し隷属させられそうになる時の、人間の誇りを護るための最後の知恵であり手段です。

 国が軍隊を持って他国の侵略に備えるように、人が個としての自己防衛のために編み出したのが武術です。

 琉球の“手”こそは、まさに武術そのものです。

 琉球の武術を「日本武道」と呼び、世界に誇る「空手」として広めたヤマトンチューの空手家たちの姿を、ウチナンチューの武士はどう思って見ているのだろうか?と、私は思うのです。

 そして、普天間基地の問題とは、琉球の長い長い隷従の歴史が、未だ終わらないことへの怨嗟の声なんだと思うのです・・・。


関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索