コンテントヘッダー

長谷川、無念!

「あっ、しまった!」と、私はTVを観ていて、思わず声が出てしまいました。

 今、日本を代表するプロボクシング世界王者である長谷川穂積が、やや優勢に試合を進めていたにもかかわらず、一瞬にして世界タイトル連勝記録を失ってしまいました。

 これが、勝負というものに潜む“魔”なんだと、つくづく思いました。

 王座を奪ったモンティエルは、確かに強い選手でした。

 しかし、長谷川が勝てない相手ではなかったと思われました。

 一発の左フックが浅く入り、続けて二発目の左フックが長谷川の脳を揺さぶり身体のバランスを失わせてしまいました。

 痛恨のミス・・・というべきか、一発打った後にパンチをほとんど引かずに二発目の超ショートフックを繰り出したモンティエルのテクニックを称賛するべきか・・・。

 4R終了間際の変則的な左フック一発が、日本最強王者の鉄壁と思えたガードを崩してしまったのです。

 食らってタタラを踏んだ長谷川が、何とか踏みとどまろうとしているのが解りました。

 が、絶好のKOチャンスと判断したモンティエルの容赦のない速射砲のようなパンチを浴びて、長谷川はクリンチすることもサークリングで回り込むこともできずにTKO負けを喫してしまいました。

 ロープに引っ掛かった左腕でガードできなかったのか、それとも左腕を引っかけて踏みとどまっていたのか・・・それは本人にも判らなかったでしょう。

 連勝記録を伸ばして日本ボクシング史に名前を残そうかという矢先の敗戦は、長谷川にとって慚愧に耐えないことでしょう。

 技量では、やや上回っていたと思えた長谷川の敗戦でしたが、一点、モンティエルには普通のボクサーにはない特異なパンチがありました。

 私は、今回、初めてモンティエルを見ましたけれど、「あれっ? この選手、二度突きしている?」と思いました。

“二度突き”というのは、突きが当たってから、さらにもう一段、突くテクニックです。

 通常の突き技、パンチは、一発打ったら引き戻して、二発目を放つのですが、二度突きは、一発打って突きが浅くて効かなかったら、その当たった位置からさらにもう一度深く突き込むのです。

 この技は、一発目を受けた時に筋肉を締めて持ちこたえ、当然、突きは引き戻されてからまた打ってくると思っているので筋肉の締めが無意識にも緩む・・・その緩んだところにもう一度深く突き刺さるように打ち込まれるので内臓にまで突きの威力が深く浸透してしまう・・・という仕組みです。

 これは形意拳の基本母拳“五行拳”のうちの“崩拳(ポンチュェン)”でよく用いられ、「半歩崩拳、打遍天下」、すなわち「半歩の寄せ足による崩拳の一撃は、あまねく天下を打つ」と称賛された形意拳一門の看板必殺技です。

 この“半歩崩拳”を得意技としていたのが、郭雲深であり尚雲祥といった名手です。

 そして、このモンティエルのパンチは、一発出してから、ほとんど引き戻さずにさらに二発目を出していたのです。

 つまり、一発目は通常のパンチで、二発目は寸勁だったのです。

 長谷川がダメージを受けてしまったのが、この二発目の寸勁パンチのようでしたが、恐らく、その位置からもう一度打ってくる筈がないというボクシングのセオリー通りの反射神経のために食らってしまったのではないかな~?と私は思いました。

 高度に読みを駆使する武道や格闘技では、読みを狂わされたらモロくなってしまう場合があります。

 長谷川が真に優れたボクサーだったからこそ、この罠に嵌まってしまったように思うのですが・・・。


 一方で、西岡利晃は、的確なカウンターで強豪バンゴヤンを一発で打ち抜き、これまたTKOで破ったのは見事でした。

 バンゴヤンの何とも不気味な雰囲気は怖いものがありましたが、西岡のスルリとガードを擦り抜ける疾風のようなカウンターの左ストレートは、ロングレンジスナイパーライフルのような精度でバンゴヤンの顔面をヒットし、見事にバッタリと打ち倒してみせた光景は爽やかな印象がありました。

 長谷川のまさかの敗戦で暗くなった雰囲気を吹き払うような、家族思いの西岡の爽やかさ・・・あ~、何か救われた感じです。

 コメントもいいですね~。相手選手を称え、負けた長谷川の再起を応援するところに根っからの人柄の良さが現れていました。

 勝負というのは勝つ者と負ける者の明暗を分けますが、非情であるからこそ、勝って驕らず、負けて我が身の欠点を顧みることの大切さを教えてくれますね。

 我を張らず謙虚になれることが“本当の強さ”なんだと教えてくれているようにも思えました。



関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索