コンテントヘッダー

鳩山総理退陣から菅総理誕生

 当然と言えば当然だと思うんですが、鳩山さんもついに辞職。

 もう、あそこまでダメダメっぷりを晒してしまったからには、辞める以外の道はないでしょう。

 結局、福島さんが意地を通して男を上げた?分、鳩山さんが男を下げてしまったことが致命傷になったと思います。

 でも、一点だけ評価できるのは、小沢さんの辞職も促したことですね。

 鳩山さんも、何か、楽しそう?でした。サムズアップしたりして、“してやったり”の顔でした。

 やっぱり、小沢さんの傀儡と見なされてきたことへの憤懣があったのかな~?と思われますし、恐らく、「小沢さんの言いなりになっていたら政治はできない」とか若手から突っ突かれていたんじゃないでしょうか。

 どうせ、辞めるなら劇的なシチュエイションを狙っていたのかな~? ギロチン帝王を捕まえて流星に特攻自爆してのけたジャイアントロボみたいに・・・。

 私は、阿部ちゃん主演で映画化(『奇談』)もされた諸星大二郎の漫画『生命の樹』のクライマックス、「みんな~、オラといっしょに“ぱらいそ”さ、いくだ~」って言ってるところを思い出しましたよ。

“闇将軍”と言われた小沢さんの苦虫を噛み潰したような顔を見ると、ちょっと溜飲が下がる気がしますけれど、これを機会に民主党が変わっていって欲しいです。

 民主党にとっては小沢さんの影響力を排除することが課題でしょう。何しろ、“民主”という考えにとって絶対君主的存在の小沢さんはいない方が良い。

 それがたとえ、政党としての力の無さを露呈することになっても・・・。


 どうしてか?というと、政党というのは主義主張のブレの無さが肝心要なのであって、福島さんが素人政治家と揶揄されながらも社民党の理念を優先したことは、決して間違いではなかった。

 鳩山政権の致命傷となったのは、理念が理念だけで終わって現実が伴わなかったことです。鳩山さんの決断力の無さもありますが、やはり、戦略の無さが大きな問題だったと思います。泥縄で日米安保について勉強してもどうしようもないでしょう。

 しかし、こういったことは、別に政党には限らないでしょう。

 小さなサークルでも基本的な会の理念に反する人間は、どんなにやり手でも、そこに居続けることはできません。でないと会が内部崩壊してしまうからです。

 うちの会でも辞めさせた人間の中には私以上に能力がある人間もいました。だから彼らに期待したという点もありますが、能力がある人間は、おうおうにして自分の能力を拡大解釈して万能感に酔ってしまう場合もあります。

 私がこの業界で長く続けてこれているのも、自分の能力の程度を冷静に弁えて、背伸びしないようにしているからです。簡単に言えば、能力というのは経験値によって自然に高まるのであり、経験不足の人間がいくら能力があっても、経験値の高い人間には敵わないという場合が世の中では多いのです。

「あんな馬鹿なヤツでもできるんだから・・・」と上司の無能をあざ笑っていたのに、いざ自分がやってみたら全然できない・・・こういう経験をしたことのある人もいるでしょう。

 だから、経験を重ねていくことで能力は飛躍的にアップしていくのですから、多少の頭の良さとか才能とかに頼っても、努力し続けない人間には限界がくるのです。

 芸能界を見れば一目瞭然。日本中をブームに巻き込んだトップ芸人が、一年後には影も形もなくなってしまっていることが当たり前になっているでしょう?

 そこそこの成績をずっと継続して出せる人間が、結果的に本物になれるんです。そして、それは日々の継続的努力でしか達成できません。

 恵まれた環境で育ち、能力値の高い人間は、努力しなくても周囲がお膳立てしてくれるから問題がない。だから、挫折に弱い。必死で頑張るということができない。

 私は、鳩山さんは長く続かないと思っていましたが、それは彼の苦労知らずな人生から耐久力がないだろうと思ったからでした。

 民主党が連立政権を立ち上げた時、最も懸念されたのは、権力と金の問題を抱えた小沢・鳩山がトップに立ったことでした。

 これは民意を無視したものであり、遠からず辞職せざるを得ないのは容易に想像できました。これは当時のブログにも書いていた通りです。

 だから、今、これから民主党が真価を問われることになっていけば良いし、さもなくば民主党さん、オサラバ・・・というのも致し方がないでしょうね。

 ここで、菅さんを党首にたてたのも意味深ですが、菅さんの頭の良さは「俺は小沢の傀儡ではない」という面をアピールした点でしょう。

 しかし、ニュースで気になるのは、菅さんが市民運動から政治家になったというクリーンなイメージの中で、「怜悧な人間」「頭が切れ過ぎる」「脇が甘い」といった評価でしょう。

 結局、市民運動をやっていた頃から、どこか権力志向の野心が覗いていたということでしょう。

 でも、それは政治家としてのマイナスではありません。政治家は単なる善人では勤まらない。大事のためには小事を犠牲にできる冷徹さも必要です。

 それができない鳩山さんは事態をより混乱させてしまった・・・。

 菅さんが小沢さんと“距離を取って見せた”のは、党内にも国民にもアピールできる点だし、敢えて小沢さんを悪役として表舞台から下げることで民主党の命脈を保ったのは、なかなかの手腕でしょう。

 演技力も三宅雪子よりずっと上。そういえば、感想を聞かれた三宅雪子が「もう、足は直ったんですか?」と聞かれて、一瞬、目が泳いでいたのが傑作でした・・・。


 もっとも、私は、国民からも人気のある前原さんをたてるかと思っていたんですが、前原さんは前原さんで、今の鳩山政権の問題をそのまま引きずったままの政権では自滅しかねないから“今回はパス”と判断したのかもしれませんね。

 民主党が中心で連立政権を取ったのは、明らかに小沢戦略のお陰だった訳ですが、政権としての命脈を保つのに闇将軍のイメージがつき過ぎた小沢さんが内閣にいては危険だという判断をした訳でしょう。

 鳩山さんが切っ掛けを作って無理心中したのか? あるいは、これもまた小沢さんの戦略の内か?となったら、何とも言えませんが、「どっちにしても、それだけの戦略が打てるのなら、もっと前からやれよ」と言いたくなるのは私だけでしょうか?

 菅さんが、最初からやっていればそれなりに続いたかもしれませんが、鳩山さんの後始末をやらされるのでは“イラ菅”の短気さが致命傷となって政権を投げ出す可能性もあるでしょう。どっちにしてもトラブルは起こるのが明白。

 その時によほど上手く立ち回らねば、もう民主党は浮かび上がれなくなるでしょうし、小沢さんの再登板も無くなるでしょう。

 可能性としては、そうなるような予感がします。

 小沢さんは、闇将軍として裏から仕切ってこそ実力を発揮するタイプで表舞台で明るくやっていけるタイプには見えませんし、健康問題もあるから、ここらで政界引退を考えるべきかもしれませんね。

 あっ、そういえば、仲曽根さんも92歳で御健在で、頭もしっかりされてる様子で、ちょっと驚きましたよ。

 政治家の世界は生涯現役なんですね~。


 まあ、早々に、亀井さんがツムジ曲げて辞任するという連立崩壊?を思わせる展開もありましたが、菅さんが“強さ”をアピールして国民の信頼を得ようとした点は正解でしょう。

 普通の家庭に育って、市民運動グループから政治家になっていったという自身の経験をアピールしたのも良かったと思います。

 今のこの経済不況で問題山積みの疲弊しきった日本に必要なのは、“強さ”であって、戦っていく気概がなければ日本はこのままダメになりますよ。

 後は、菅さんが言葉通りに強いリーダーシップを発揮できるかどうか。お手並み拝見というところでしょうか?


関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索