FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ちょっとは社会貢献もしなきゃ~

・・・なんて、スコーレの創立記念大会に行って、思うようになったんですが、はてさて、私に何ができるかな~?

・・・とか思っているうちに、11月の本部道場稽古会ですが、矢嶋師範代が仕事で来れないとメールが来て、「いつも、矢嶋さんが来れないと他の人も来れなくなるんだよな~」とか思っていたら、案の定、北島師範も仕事が長引いて参加できませんというメールが届きました。

 前回は俳優のCさんだけだったんですが、確か、舞台公演が近いと言っていたので練習があるんじゃないかな~?と思っていたら、やっぱり、来れなかったみたいです。

 大石教練は、最近、仕事先が遠くて木曜日は全然通えていないので、やっぱり来ないだろう・・・となると、今日は独りでやるしかないかな~と思ってメイプルホールへ出掛けました。

 正直、都内近郊で、これだけの広さの道場はほとんどないと思うんですけれど、やってることがマニアック過ぎるせいか、相模原近辺で入会したいと言ってくる人が、この一年でほとんどいません。

 隔週でやっているのがネックなのかもしれませんが、毎週やれば増えるか?というと、そうとも言えない気がします。

 まあ、これだけ広いと武器術関係が何でもできるので、私自身の技の研究には絶好の場所ですからね。

 今日び、公園で木刀でも振ったりしてたら通報されかねませんからね。甲野氏の信者の人が公園で模擬刀で抜刀術の稽古していて捕まったという話を聞いたことありますが、模擬刀は見た目は真剣に見える訳ですから、公共の場で振り回してたら捕まって当たり前。

 となると、居合の稽古ができるのは自前の道場持っている人だけってことです。

 東京支部も居合の稽古は鞘付き木刀でやるということで許可を貰えましたが、いやはや、居合の稽古は場所探しの点から苦労しますよね。

 そんな次第で、久しぶりに独り稽古で居合術の稽古をみっちりやりましたよ。

 スリ足で歩きながら、右手で抜き・斬り・納める・・・、左腰に差して左手で抜き・斬り・納める・・・。

 壁と胸の距離を10cmくらいにして抜刀し、離れながら斬り下ろす・・・。

 スリ足で体転換しながら抜き、後ろを斬って、そのまま回転しながら納刀・・・。

 歩みを止めないまま、抜いて斬る・抜いて突く・さらに斬る・そして納める・・・。

 自然体で待ち、仮想敵の斬撃を躱しながら抜いて斬る・右・左・右裏・左裏・・・。

 鞘付き木刀を脇差代わりにして、二天一流の五方の構えをスリ足で歩きながら次々に変化させ、仮想敵との攻防をイメージしながら跳ね斬る・誘い斬る・流し斬る・抑え斬る・挟み斬る・・・。

 二刀を操りながら振りと同時に一回転・二回転・三回転・・・。

 青木先生に唯一教えていただいた直伝の三連斬り返し・・・。

 鹿島神流基本太刀の袈裟斬りを右足前・左足前で使い分けてみる・・・。

 フィリピノカリの短棒術の動作を刀で応用してみる・・・。


 いや~、最後は腕がスッポ抜けそうなくらいで疲れました。それに、ただ振ってるだけでも下手に扱えば、柄が折れそうな感じがしましたね。

 模擬刀にしろ真剣にしろ、ちと柄を細く作り過ぎなんじゃないかな~?と思えました。


 ともかく、たまには独り稽古で思う存分、模擬刀を振り回して練習するのも、いいものです。お陰でいくつか新技ができました。


 ところで、私の住む相模原市は、日本でも有数の治安の悪い都市だという説があって、確かに殺人事件なんかが、よくTVニュースに出てきたりします。

 私は市内ではそれほど危ない目には合っていないんですが、やっぱり、ここ最近の事件の様子をニュースで視聴すると、護身術の知識とテクニックを広めることは重要だと思います。

 私も何度も助かっているし、人も助けられました。会員にも人助けした人が何人かいますし、やっぱり、知らないより知っておいた方が損にはならないと思うんですね。

「よしっ、護身術を教えるんだったら、俺にも社会貢献できるぞ」と思って、来年2月に、ここメイプルホールで護身術の講習会を開催しようと思い立ちました。

 市内在住の人達にも沢山参加してもらいたいので、参加費用は500円くらいに抑えようと思っています。ボランティアでもいいか?と思ったんですけど、賃料や宣伝(地元のタウン情報誌に載せてもらう予定)に多少、かかるし、参加する人達に危機管理の意識を持ってもらいたいので、少しはお金も取った方がいいだろうと思います。

 ともかく、人生は何が起こるかわかりません。病気・事故・事件に巻き込まれるといったことは、絶対に無いとは言えないのです。

 特に、ここ最近の通り魔的な事件や、人付き合いのトラブルでは、必ずといっていいくらい刃物が使われていますから、この凶器への対処法は日頃から考えておくべきではないか?と思いますね。

 オイオイ・・・と思うのは、刃物で人を刺しておきながら、「殺すつもりはなかった」と言い逃れする連中です。

 だったら、何故、刃物を用意して行くのか?

 刃物を用意する時点で殺意があると考えるべきです。

 居合術では、「刀は抜くな。絶対に抜くな。しかし、抜いたら必ず斬れ!」と教えられます。

 形容矛盾の極みです。

 しかし、そこには深い理念があります。つまり、「武器は最後の最後まで使わないように心掛ける。けれども、使うと決意したら絶対に相手を倒すことを目的とせよ」という理想と現実がそこに折り合いをつけて共存されるのです。

 ですから、私は斬れる刀にしか興味がないし、戦える武術しか求めていません。

 それは、すべて、必要な時に使えるという“戦いへの備え”だからです。

 警察官が拳銃を持つのは何故か? それは、市民を守るのが任務だからですよ。

 でも、事件に遭遇した時に警察官が駆けつけるまで自分が守らねばならなくなったらどうするか? まして、警察官と言えども、拳銃射撃の訓練をどの程度やっているのか? 恐らく、ろくすっぽ訓練はしていないでしょう。ただ持っているだけです。しかも相当に旧式の回転式ニューナンブM60を・・・。

 どうして断言できるかというと、私の親友が元SAT隊員だったから、警察官の射撃訓練の実態とかも聞いているからです。

 日本の警察官は、捜査はプロでも市民を護る防衛の技能は低いでしょう。そもそも、そういう訓練はしないのです。

 奇しくも弁護士が刺された事件がありましたが、何と、警察官が駆けつけておきながら、犯人と被害者を間違えて取り押さえて、そのスキに犯人が刺したという前代未聞の失敗をしたそうですが、これでは救出に行かなかった方が被害者は助かった可能性が高いでしょう。これは“業務上過失致死”になってもおかしくない。

 私なんて、凶器を持った暴漢に襲われた時には、警察官に助けてもらおうとは思いませんよ。申し訳ないし、多分、自分で戦った方が確実だと思っています。

 知らない人は、「警察官は柔剣道の黒帯で拳銃だって持っているんだから・・・」と思うでしょうが、とんでもない勘違いです。これは自衛隊員でも大同小異だと思われます。

 要するに、日本の警察官も自衛隊員も戦闘のプロと言える水準の技能は持っていないのです。リアルな戦闘経験がないのですから、それも仕方がありません。

 就職しやすいから選んだという人が多いと思いますよ。下世話な話・・・。

 だから、自分の身と家族や友人を護るという意識はあった方がいいでしょうし、それが“護身術の役割”です。

 私、以前、ストーカーされている人を助けたことあるんですが、そいつは「俺はK空手をやっている」とか言って、暴力をちらつかせて牽制していたので、周囲の友人たちも助けられなかったんですね。

 暴力をちらつかせるヤツに対するには、より強力な暴力で制圧するしか有効な対策はないんですよ。話して解らない人間、無法な人間には、そうする以外にありません。

 私は中学時代にそう悟りましたよ。法も倫理も常識もなく暴力に訴えるだけの相手には、より強力な力で制圧する以外に対処法はありません! あると言うなら、教えてもらいたいですね。

 私が能書きばっかり垂れる武道家に虫酸が走るのは、「お前は、自分が痛い思いや怖い思いをしたことないから綺麗事を言えるんだ。それに、暴力ふるわれてる人達を見たらどうするのか? 助けられない武道なんぞに価値はないんだ。バカヤロー」って思います。

 日本では拳銃は持てません。刃物を持ち歩くこともできません。

 しかし、犯罪を厭わない者、人を殺すことを厭わない者は、おかまいなしに武器を用意し平然と使います。

 だから、自分の五体を駆使するテクニックと、戦闘のリスクを少なくする戦略思考を体得して対応するしかありません。

 が、東洋には数百数千の武術が伝承されています。これらが伝えてきた技と叡知は常人が想像もつかないものです。

 私が学び得たのはその中のごく一部に過ぎませんが、護身術として用いるには充分過ぎる内容量です。うちには複数の団体を経て入会する人が多いですが、まず、私の武術に関する情報量の膨大さに唖然となる人がほとんどです。

 それを必要とする人達へ伝え広めることが、私にできる社会貢献だろうと思います。

 日時などの詳細が決まり次第、告知しますので、相模原近郊にお住まいの方、武道など全然やったことのない方、奮って御参加ください。


PS;御要望が多かったので、来年、2011年の月例セミナーも開催することに決めました。場所、料金も従来通りですが、年間前納予約の方に限り、12月中の申し込みで12回全額12万円のところを半額6万円となります。会員、及び常連受講者の方はさらに割引して5万円となります(2回分無料)。1回毎に1万円支払うより断然お安くなりますので、是非、御利用ください。また、前納予約したけれども都合で参加できなかったという方は、その旨、申し出てくだされば、未参加回数分(料金分ではありません)、本部・東京支部・横浜同好会(シダックス講座を除く)へ無料参加できることにしました。より密度の濃い武術技法が習えますので、是非、御検討ください。無論、入会を強制したりはしませんので、御安心を・・・。

PS2;次回月例セミナーは、“格闘技に活かす武術”をテーマに11月14日(日)に江古田ストアハウスでおこないます。個別の技、戦術の両面から、いろいろな格闘技に武術を活かしていきますので、御期待ください。ただし、試合で使えるかどうかはルール上の問題で難しくなるのですが、とりあえず勝つだけだったら、ナンボでもやり方はありますよ。

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

リンク
FC2カウンター
最新記事
カテゴリー
長野峻也ブログ
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。