コンテントヘッダー

ツマヌダ格闘街、凄過ぎるぅ~!

 矢嶋師範代から新刊を貸してもらって読んだんですが、上山道郎先生の『ツマヌダ格闘街』、何か、スゲ~ですよ。

 内家拳の戦闘法を、ここまで理論的に分析して漫画で描いた人っていないと思う。

 いや~、ビックリしましたよ。

 やっぱり、作者は王樹金派の内家拳を実際に学ばれているんじゃないでしょうか?

 やってる人間じゃないと、こういう描写はできないと思うんですよね。

 形意拳の崩拳のフォームは、多くの派では正中線上に寄せて打つんですが、王樹金派では中心は開けて側軸で打つんですよ。これは特徴的なのですぐにわかります。

 一説には王老師が肥満体だったから拳を寄せられなかった?というものもありますが、多分、術理的な合理性からやっていたんだと思います。


 それと、トンファーとか武器の解説なんかもプロも真っ青の慧眼で、資料をあたったとは思うんですが、実に説得力ある説明で、漫画で解説するということの絶大な効果には唸りましたね~。

 ただ、ここまでマニアック且つ専門的に描かれると、ついつい“どっかにアラは無いか?”と思ってしまうもので、ドラエさんが袋撓を持っているところの撓の向きが反対(縫い目が前に来るように持つのが新陰流)でした・・・(スイマセン。癖でアラ探ししちゃいました)。

 また、荷物をラクに持ったり、階段をラクに上がれる方法というのは、甲野流身体操法の応用だと思いますけど、より分かりやすい解説にアレンジされていてセンスの良さを感じましたね~。

 この前、批判を書きましたが、その後、甲野氏の『増補改定版・剣の精神誌』ちくま学芸文庫を勉強のために買ってきて読んだんですが、いや~、こういう良質の研究書を出したという点だけで、甲野氏は価値ある仕事をやったな~と感心しましたよ。あれで虚言癖さえ治れば、単なるオモロイおっさんで、いい人なのにね~・・・。
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
著者プロフィール

yusinryu

Author:yusinryu
長野峻也(ながのしゅんや)。武術研究家。游心流武術健身法主宰。
武術指導、アクション殺陣指導致します。映画等のコラムも書きます。
関係者の方、ご連絡をお待ちしております。
yusin_mail_from2006
@yahoo.co.jp

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリー
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
ブログ内検索